川本梅花 フットボールタクティクス

霜田 正浩監督が言う大宮が目指すべきサッカーは本当にやるべきサッカーなのか。【試合分析】明治安田生命J2リーグ 第9節 2022年4月9日 大宮アルディージャ 1-3 ヴァンフォーレ甲府【会員限定】

目次
J2第9節のフォーメーションとスタメン
両チームのフォーメーションを組み合わせた図
目指すべきサッカーが本当にやるべきサッカーなのか。
明治安田生命J2リーグ第9節 大宮アルディージャ 1-3 ヴァンフォーレ甲府

省略記号一覧

第9節の大宮のフォーメーションとスタメン

大宮は、前節のレノファ山口FC戦(0●1)からCHを小島 幹敏から矢島 慎也、WGを奥抜 侃志から髙田 颯也に変更してきた。フォーメーションは「4-3-3」の中盤を逆三角形にする。山口戦同様に、アンカー役は大山 啓輔を置いた。両WGに若いドリブラーの柴山 昌也と髙田を起用した。

J2第9節の甲府のフォーメーションとスタメン

甲府は、SPをレナト ヴィスキから野澤 陸に、CHを松本 凪生から林田 滉也にチェンジしてきた。フォーメーションは「3-4-2-1」である。

両チームのフォーメーションを組み合わせた図

(残り 1946文字/全文: 2350文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ