【サッカー人気5位】名古屋に大敗後の選手たちの様子は? 興…

ぎふマガ!~FC岐阜を徹底的に応援する公式ウェブマガジン~

行くぞJ3! 待ってろJ3! ともに騒ごう祝開幕!【無料公開/後藤勝コラム】

 

開幕戦は6月27日、岐阜メモリアルセンター長良川競技場。DAZNとYouTubeで応援しよう!©Kaz Photography/FC GIFU


◆喜ぼうJ3
 
 一時はいつになったらサッカーのある暮らしが戻ってくるのか皆目見当がつかない状況でしたが、みなさんが自主的にステイホームを貫いた結果として、今週末6月27日からのJ3リーグ開催にこぎ着けることができました。いよいよ始まります。
 
 めでたい!
 まずはJ3が無事に開幕するというこの事実を素直に喜ぼうではありませんか。
 もちろんいまだ日常生活も感染症予防を心がけながらという若干の制限を伴うものであり、そしてJ3も開幕直後の第1節、第2節はリモートマッチとなりスタンドから観ることはできません。手放しで喜べる状況ではないのも確かでしょう。
 しかしみんながちょっとずつガマンすることによってサッカーの試合は安全に開催できるんだぞ、というところを世に示すことも、J1、J2の再開とJ3の開幕に踏み切るための要件なのです。そのために、無観客のスタジアムでおこなわれるJ3をオンラインで観戦、応援することになりますし、現地に行かなくとも盛り上げるためには、まずは観る者がこの状況を踏まえて楽しめる心境に到達する必要があります。
 
 ですから、まずは喜びましょう!
 毎週J3が開催される残りの半年があることを。
 
◆みんなのJ3
 
 さて、FC岐阜はJ3の優勝をめざしています。リーグ戦に参加する以上は勝利を目標にしています。ですが、対戦相手は“敵”ではありません! ともに戦う同志として岐阜メモリアルセンター長良川競技場に迎えましょう。
 
 練習試合をご覧になっておわかりのとおり、メインスタンド側中央で集合写真撮影が可能なカメラマンはオフィシャルのみ、選手もソーシャルディスタンスを維持して立つという気の配りようです。ボールパーソンも若干名に絞られ、マルチボールシステムのボールはピッチサイドの固定具にセットされたりしています。できるだけピッチ内に存在する人間の数を減らそうとしているわけです。ピッチの周囲には上限16人までとされているカメラマンがいますが、目立つ人影はそのくらいのもの。
 
 そのなかでピッチ内にいるのはどうしても試合の開催に必要な人々だけ、すなわち2チームの選手と審判員です。日頃からレフリーと対戦相手へのリスペクトはあって然るべきではありますが、今シーズンは特にこの“仲間”たちと、このリーグ戦を成立させるべく試合をやりきるのだという意気込みで毎節を乗り切らないといけません。同じ大会に参加する他クラブのファン、サポーターとともにこのJ3開幕を祝い、そして岐阜だけでなくすべてのチームの選手と審判員の奮闘に拍手を送りましょう。
 
◆勝つぞJ3
 
 とはいえ対戦相手や審判員へのリスペクトと勝負は別。真剣に勝利を追求するからこそいい試合になるわけで手を抜くわけにはいきません。試合中は岐阜の選手たちを目一杯応援しましょう。
 ここまでの練習試合をライブ配信で観戦し、ひととおり予習は済んでいることと思いますが、あらためて今シーズンのチームについて少し語っておきましょう。
 
 マッチレポートではチームづくりの進度を俯瞰して捉えたため、文中では触れませんでしたが、あの記事内容以外にも収穫と課題はありました。
 
 たとえば収穫は攻撃陣の好調。両サイドの富樫佑太と村田透馬が格上相手にも個人で勝負を挑み突破していけるくらいに調子を整えてきています。これがもし、まだ本来の能力を取り戻している段階であるのだとするなら、今後試合を通じてさらに成長していく可能性もあります。
 力関係の問題で相手が引いてしまった場合には、ボールを保持して圧倒的に攻めながら相手の守備組織を崩していく必要があります。富樫や村田の能力はそのピースとなるわけです。
 
 川西翔太と永島悠史の存在も頼もしいところです。今年は前田遼一と高崎寛之、ふたりの大砲いずれかを前線に置くやり方からスタートしましたが、もしこのふたりがけがをして離脱した場合でも、コンセプトを空中戦から地上戦に変えて戦いを継続できることを意味するからです。相手にしてみれば、いったいどういう組み合わせで試合に臨んでくるのか、わかりにくくて困るはず。また開幕前にオプションを用意しておけば、リーグ戦が始まってから軌道修正をするときに慌てずに済みます。なんとも準備がいい。ゼム体制おそるべしですね。
 
 一方、課題は終盤の体力または集中力ということになるでしょう。特に昨シーズンは試合終了間際の失点で勝てる試合を引き分けに、引き分けられる試合を敗戦にしてしまった印象が強いですが、45分×3本の名古屋戦も90分を迎える頃にPKで相手に先制を許してしまいました。組織的な守備の堅固さ、安定感は昨年には見られなかった高いレベルにありますから、なんとももったいない失点でした。
 
 名古屋戦のあとに監督と選手が語った内容は「攻撃は得点できなかったのでいまいち、守備で1失点に留めたことが収穫」といったものでしたが、見方を変えれば守備にも問題があり、攻撃にもいいところがあるわけです。
 また、名古屋戦はメンバーをシャッフルしながら1失点に抑えたわけで、誰が出ても質を落とさないで戦えることがわかりました。
 
 まとめると、現在の岐阜は、今シーズンの戦い方を刷り込んだうえでクオリティを追求しています。それに、メンバーの組み合わせをいろいろ試し、初めて相まみえるJ3の相手がどんな戦いをしてきても対応できる力を備えつつあります。
 J2から降格してきたギラヴァンツ北九州が2シーズン目で最下位になってしまったほど難しいリーグですが、おそれる必要はありません。謙虚に、しかし自信を備えて6月27日を迎えればよいのです。
 
 いかがでしょう、もう開幕が楽しみで仕方がないという気持ちになってきましたでしょうか? 今週いっぱいその気持ちを温め、そして土曜日に弾けさせましょう。開幕戦はもうすぐそこです!
 
*********************************************
[FC GIFU INFORMATION]
▼公式twitter  https://twitter.com/fcgifuDREAM
▼公式facebook https://www.facebook.com/FCGIFUPR/
▼公式Instagram https://instagram.com/fcgifu
▼公式サイト   http://www.fc-gifu.com
*********************************************

はじめまして! ぎふマガ!です

FC岐阜を愛する皆様、はじめまして。
『FC岐阜を徹底的に応援する公式ウェブマガジン ぎふマガ!』です。
これからよろしくお願いいたします!

申し遅れましたが私、弊サイトの監修と編集サポートを務めます、フリーライターの後藤勝と申します。
クラブスタッフに代わり、『ぎふマガ!』の紹介をさせていただきます。

外から見たFC岐阜は、Jリーグ界随一と言っても過言ではないスタグルを誇るなど、ピッチ外のイベント企画力がすごい。
ピッチ内では大木武監督の招聘によって基礎を築き、気風をつくろうとしていて、これからが期待されるクラブに映ります。
しかし唯一、足りないものがあるように感じられました。
サッカー専門メディアでの扱いです。

長良川競技場に足を運ぶ度に、もっと記事を読みたい、情報を知りたいという切実な声をファン、サポーターの方々から頂戴します。
もちろん地元メディアの方々の奮闘はありますが、他クラブのファン、サポーターなら享受しているはずの、プラスアルファの拡がりが少ない。
そこを補えないだろうかという議論から、弊サイトを開設する結論に達しました。
今後はFC岐阜ならではの、独創性ある情報発信を心がけていこうと思います。
日々の楽しみとして、ぜひ『ぎふマガ!』を味わっていただければさいわいです。
クラブ公式となると、掲載できる内容がかなり限定されてくるのではないか? という懸念もおありかとは思いますが、私を含む外部記者の署名記事により、風通しをよくしていければと考えております。ぜひご期待ください。

開設準備中、こんな話がありました。
「漢字で『岐阜』と書くと県内の岐阜市以外の地域の人は『岐阜市』を連想しがちである」
思わずうなりました。
FC岐阜は岐阜県全域をホームタウンとするクラブで、トップチームは全市町村を代表する存在です。飛騨国と美濃国でファン、サポーターが分かれてしまっていいはずがありません。
FC岐阜と言わずに、県民にとっての岐阜をどう表現すればいいか。
そうだ、平仮名で書こう。
そのようにして略称『ぎふマガ!』が決まりました。
思えば、ぎふ清流国体も平仮名表記でした。FC岐阜を愛するすべての方が話題にできる共通のメディアとして歩んでいければと思います。

『ぎふマガ!』は月額540円(税込)の有料ウェブマガジンです。
運営、維持費捻出のためでもありますが、会員になっていただくことで、クラブへの支援ともなります。
どうかご理解いただきたく、よろしくお願いいたします。

シーズン中は週3本の有料記事+αの公開を見込んでいます。
本日12月1日のサイトオープンから2月の途中まではインタビューを中心に不定期にオフシーズン企画を多数掲載の予定です。

・宮田博之社長インタビュー(1月予定)
・大木武監督インタビュー
・ピックアップインタビュー 石川大地選手
・ピックアップインタビュー 三島頌平選手
・FM岐阜パーソナリティ西村知穂さん&スタジアムDJ久世良輔さんインタビュー
・後藤勝シーズンレビュー
・後藤勝コラボ作品レビュー
・2月以降、あの白鳥士郎先生の参加も!?

 

まだよちよち歩きの身で恐縮です。
大きくなるまで見守っていただけますと助かります。
今後ともよろしくお願いいたします。

 

ご購読方法

支払い方法ごとの詳細

各お支払い方法ごとに、詳しいお申し込み方法と閲覧期間の説明ページをご用意しました。下記リンクから、お進みください。

タグマ!とは

スポーツ、カルチャー、エンタメ。好きなジャンルをとことん読めるWEBマガジン

Push7リアルタイム更新通知に対応!記事更新をお手元の端末へダイレクト通知。気になる話題がいち早く!

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック