『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催

「football fukuoka」中倉一志

【無料記事】【監督会見 J2第4節 福岡-熊本】「懸命に、チームのために、熊本のために頑張ってくれた」/清川浩行監督

2017明治安田生命J2リーグ 第4節
日時:2017年3月19日(日)14:03キックオフ
会場:レベルファイブスタジアム/9,008人
結果:アビスパ福岡 2-1 ロアッソ熊本
得点:[福岡]冨安(54分)、[熊本]巻(66分)、[福岡]ウェリントン(76分)

◎清川浩行監督(熊本);
Q:試合を振り返って
「連休の中、たくさんのファン、サポーターの方が福岡に集まっていただき、本当に感謝しています。選手を後押ししてくれたパワーを本当にありがたく思っています。試合の方は、何とか耐える時間を、前半、作っていかなくてはいけないなというところで、セカンドボールの争いだったり、それを上手くマイボールにできるかどうかというところでやっていて、ピンチもありましたけれども、全体でやろうとするところは、前半もトライできました。後半は、それ以上に続けていこうという形でやって、失点こそありましたけれども、追いつく形も作れました。そこから、もう1回ギアを上げていきたかったんですけれども、セットプレーから、もう1点を取られてしまいました。それでも、退場者も出た中で、選手は最後まで、懸命に、チームのために、熊本のために頑張ってくれたと思います」

Q:セカンドボールの争いに勝って、奪ってからサイドに展開するという形は、随所に出ていたように思います。
「そこがひとつ、今日のポイントでした。なかなか、1人では勝てない部分の相手に対して、人で、全体でボールを奪って攻撃を仕掛けるということで、ひとつはサイドの仕掛けというのがポイントになると思っていました。その辺は、前節も含めて、今日の福岡さんとの試合でもトライできたし、やってくれたと思います」

Q:追いついた後のゲーム運びについては、どのように見ていらっしゃいますか?
「特に、大きな問題はなかったです。追いついたところの10分か、15分の間は、しっかりと絞めていかないといけないし、そこで下がってしまったりだとか、そういう部分が出て来ると失点につながってしまうというところで、上里には『少し絞めなさい』と伝えたということはありました」。

【中倉一志=取材・構成・写真】
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ