【サッカー人気1位】錦糸町フットボール義勇軍に「解散はない…

「football fukuoka」中倉一志

【無料記事】【選手コメント J2第4節 京都-福岡】「決定的な場面を作り切れなかった」/増山朝陽/ドウグラス グローリ

2020明治安田生命J2リーグ 第4節
日時:2020年7月11日(土)18:33キックオフ
会場:サンガスタジアム by KYOCERA/3,063人
結果:京都サンガF.C. 2-0 アビスパ福岡
得点:[京都]野田隆之介(34分)、ピーター ウタカ(40分)

◎増山朝陽選手(福岡);
Q:途中からになりましたが今シーズン初出場になりました。どんなことを意識して入られたのか、どんなふうに感じていらっしゃるのか、教えて下さい。
「自分の持ち味であるスピードを活かして、相手の背後への動き出しを意識して入りました。チームとして負けている状況だったので、リスクを冒しても点を取りに行くという意識を持ってプレーしていました」

Q:後半、京都に試合をコントロールされる中で、増山選手をはじめ、交代選手が流れを引き戻した印象があります。
「少なからず、僕もそうですけれども、北島も前へボールを運べる、前への意識が強い選手なので、流れを少しはいい方向へ持っていけたと思いますけれども、結果として点が取れなかった、ゴール前までは行けているけれども、フィニィッシュだったり、決定的な場面を作り切れていなかったので、そこは課題ですし、修正が必要かなと思います」

Q:中3日で磐田戦があります。そんなにやれることは多くないと思いますが、チームを立て直すために、どんなことを意識して準備をしたいとお考えでしょうか?
「まずは自分たちがやれることを一度整理して、一人ひとりが自分の持っているパフォ―マンスを100%以上出せるように、まずは気持ちの部分を切り替えて、ピッチに立つ以上は出られない選手の分の責任もしっかりと背負って戦っていくという気持ちを持つことが大事だと思います」

◎ドウグラス グローリ選手(福岡);
Q:Jリーグで初めてのプレーになりました。どんな意識で臨んだのか、どのような試合だったのか、2点について教えて下さい。
「今日、試合に出場できたことは非常に嬉しく思っています。長い中断期間があって待ち望んでいた再開だったので、試合ができたことを嬉しく思っています。試合に関しては、全体を見れば、決して悪い試合はしていないと思っています。前半から多くのチャンスを作れました。けれど京都さんに2回のチャンスをしっかりと決められてしまった、そこが勝負の分かれ目だったと思います。失点のところで、一つのミスではなくて複数のミスが重なってしまったことは、チームとしても修正をしなければいけません。反面、後半に関しても我々が攻める時間帯も多かったですし、カウンターにも対応できていたので、いいところは引き続き継続し、今日の試合で悪かったところは、もっと集中してプレーするようにしなければいけません」

Q:今日の試合ではハードなマーキングだとか、人への強さだとか、グローリ選手の特長は出せたのではないかと見ていました。
「自分の持っている特長は出せたと思います。強さや対人のところはもっともっとできると思うので、それをよくしていければチームにも貢献できると思うので、自分としては、そこをもっともっと高めていきたいと思っています。チームとしては、こういう試合では勝点を取らないといけませんし、我々は高い目標を掲げているので、まずは次の試合でホームで勝点を積み上げることが大事になってくると思いますし、チームとしてやるべきことをはっきりとさせて、勝点につながる試合をやっていかないといけません。まずはホームで勝てるように準備をして次の試合に臨みたいと思っています」

Q:特に大きく修正する部分はないように思いますが、次の磐田戦に勝利するためにという意味では、何をチームとして共有したいですか?
「今日のゲームに関してはピッグチャンスを何度か作りましたし、京都さんのGKがナイスプレーをして止められてしまったんですけれども、やはりそういうところを決めきらないと、チームとしては勝つことは難しくなってくると思います。ですから、攻撃のところではしっかりと決めきることです。そして失点のところに関しては一つのミスではなくて複数のミスが重なってしまったので、一つでもミスを減らすことが失点を減らすためには必要だと思います。サッカーというのはミスを0にするというのが非常に難しいスポーツなんですけれども、チーム全員が高い集中力を保って、ミスを一つでも減らせば、もっともっといいゲームができて、勝利につながると思います」

[中倉一志=取材・構成・写真]
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック