【サッカー人気3位】マリノスに突き付けられている“現実”。…

「football fukuoka」中倉一志

【無料記事】【選手コメント J2第20節 金沢-福岡】「高い意識、集中力をもって臨むことで昇格に近づく」/グローリ/松本泰志

2020明治安田生命J2リーグ 第20節
日時:2020年9月19日(土)19:03キックオフ
会場:石川県西部緑地公園陸上競技場/2,331人
結果:ツエーゲン金沢 1-2 アビスパ福岡
得点:[福岡]ドウグラス グローリ(33分)、[金沢]加藤 陸次樹(34分)、[福岡]オウンゴール(75分)

◎ドウグラス グローリ選手(福岡);
Q:連戦が続くハードスケジュールの中で5連勝です。まずは今日の試合を振り返ってください。
「最近タフな試合が続いていて、今日も金沢さんに苦しめられたのですが、チームとしてよく耐えた場面も多かったですし、全体として守れたというところは、チームとしての力を見せられたのではないかと思います。そして少ないチャンスでも、しっかりと決めきれたのも連勝している勢いのおかげだと思いますし、我々は上を目指すという高い目標を持っている以上、こういう試合でも落としてはいけないと思いますし、これからも、このような試合が続くとは思いますが、勝ち続けるために頑張り続けないといけないと思っています」

Q:その中で、今日は貴重なグローリ選手の先制点、Jリーグ初ゴールがありました。あの場面を振り返るとともに、率直なお気持ちを聞かせていただけますか?
「初得点を決められたことは素直に嬉しいです。それがチームの勝利に貢献できたということで本当に良かったと思っています。我々にはサロモンソン選手の精度の高いクロスボールがありますから、背の高い選手がしっかりと合わせることで、チームの強みになっていると思いますし、今日はタフなゲームの中で、それを見せることができました。素晴らしかったと思います」

Q:前半は金沢の縦に速いスピードのある攻撃にてこずった印象があります。後半に向けて、どのような修正をされたのでしょうか?
「前半は我々がセカンドボールを拾うことができず、相手の中盤の選手にフリーでスペースにボールを出されたりする時間帯が多かったので、ハーフタイムを挟んで、ラインをもう少し下げてコンパクトにして、セカンドボールに対して、よりパワーをかけられるようにチームとして修正しました。そうした修正ができたからこそ、後半でポゼッション率を上げることができて、ゲームをコントロールすることができたと思っています。そこは良かったなと思います」

Q:苦しかった時期を乗り越えて上位を狙える位置まで来ました。今後に向けての意気込みをお願いします。
「後半戦に向けて、この勢いを保つためには、やはり継続が大切になってくると思います。我々は厳しいトレーニングを重ねており、それがこうした結果につながっていると思いますし、これからも自信を持って試合に臨まなくてはいけません。これからも連戦が続きますし、難しい試合も続くと思いますが、一つひとつのプレーに対して、より高い集中力で臨めば必ずいい結果は出せるはずです。しかしながら、ひとつのミス、ひとつのプレーで試合を落とすこともあるので、そういった細かいところに対して、一人ひとりが高い意識、高い集中力をもって臨むことで、我々の目標である昇格に近づくのではないかと思います」

◎松本泰志選手(福岡);
Q:これで5連勝です。まず今日の試合を振り返ってください。
「内容て時にはすごく厳しいものでしたけれど、こういう試合をしっかりと勝ちにつなげることが大事だと感じました」

Q:内容的には厳しいものでしたが、チーム全員の勝利に対する強い意志のようなものが感じられる試合でもありました。
「そこは監督をはじめチームとして共有しているところですし、上も少し見えてきたので、そこに対するみんなの想いが強いからだと思います」

Q:連戦で、なかなか練習で合わせることができない中で、試合を重ねながら、どんどん松本選手の良さが出てくるようになっている印象があります。手応えはいかがですか?
「試合毎にメンバーは変わるんですけれども、何試合か重ねるうちにみんなの特徴も分かってきましたし、みんなとたくさん話してもいるので、そこが活きているというふうに感じています」

Q:攻撃面はもちろんですけれども、スペースをカバーしたり、相手をマークしたり、守備面の動きも非常に効果的な印象もあります。
「ヒロ(前寛之)君とかがアドバイスをくれたり、コーチがアドバイスをしっかりとくれるので、そうしたことをしっかりと聞けているので、上手くやれているんだと思います」

Q:前半は相手のスピードにてこずった印象があります。後半はどのような考え方で相手に対応しようということだったのでしょうか?
「前半は上手くはまらなかったので、後半は4-2-3-1に変えて、僕とヒロ君が、ボランチの脇で受けている相手の選手を見ようということでした。それが少しいい形で出たのかなと思います」

Q:松本選手がチームに来てから勝点を積み重ねられるようになって、内容に課題はありながらも、勝つということに対して結果で表現できるようになりました。今のチーム状況をどのように感じていますか?
「自分が来てからしっかりと勝てているということは嬉しいことですし、内容に関しては、自分自身がもっともっと慣れてくれば良くなると思っています。まだ連戦が続くので勝点が取れるように頑張りたいです」

[中倉一志=取材・構成・写真]
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック