【サッカー人気3位】「山口遼氏がスカウティングアドバイザー…

「football fukuoka」中倉一志

【無料記事】【選手コメント J1第18節 福岡-神戸】「久しぶりのゴールで勝利に貢献できて嬉しい」/イニエスタ/古橋亨梧

2021明治安田生命J1リーグ 第18節
日時:2021年6月19日(日)15:03キックオフ
会場:ベスト電器スタジアム/4,707人
結果:アビスパ福岡 1-2 ヴィッセル神戸
得点:[神戸]古橋亨梧(2分)、[福岡]山岸祐也(19分)、[神戸]アンドレス イニエスタ(80分)

◎アンドレス イニエスタ選手(神戸);
Q:決勝点となったPKのところを振り返っていただきたいのと、蹴る前に古橋選手と何か話しをされているようでしたけれど、どんな話をされたのでしょうか?
「特にこれといった話はしていません。PKとも関係ないというか、試合の流れの話をちょっとしただけで、PKをここに蹴った方がいいよとか、そういう話ではありません」

Q:ルヴァン杯で直接フリーキックを決められてから、出場2試合で連続ゴールです。まず直接フリーキックを決めたのはキャリアで初かなと思いますが、それでいいのかということと、それを決めて、かなり状態が上がっているのかなと思いますが、今の状態はもうフルという考えでよろしいでしょうか?
「プロではちょっと記憶が定かでないのですが、もしかしたら初ゴールかもしれませんし、以前に決めていたかもしれません。こういったセットプレーの状況というのは、そのときに自分が決められる自信を感じられたうえで、すべてが上手くいくかどうか、得点の瞬間というのが上手くはまるかどうかというのがあると思いますが、無事にそこでゴールが決まって、その流れで今日のPKも自分が決められるという自信がありましたし、そのゴールでチームの勝利に貢献できたというところは本当に喜んでいます。リーグ戦では自分としても久しぶりのゴールで、そのゴールでチームの勝利に貢献できたので、本当に嬉しいですね」

◎古橋亨梧選手(神戸);
Q:3年連続の2桁ゴールとなった先制点の場面を振り返っていただいてよろしいでしょうか?
「(酒井)高徳さんから素晴らしいボールが来たので、それを胸で押し込めたので良かったです」

Q:3年連続2桁ゴールを取ったというところの感想というか、想いというのはいかがですか?
「僕1人では3年連続して2桁取れる力はないと思いますし、周りのおかげ、みんなのおかげで取れているので本当に感謝したいです。まずは今日、しっかり勝てて良かったです」

Q:ゴールのところは敢えて胸で押し込んだ感じですか?頭でもいけたのかなというところもあったと思います。
「より確実に胸で。前がゴールだったので確実に胸で押し込みました」

Q:先ほど3年連続2桁ゴールの話もありましたけども、リーグ戦の約半分が終わった段階で10得点という数字に関しては、どんなふうに受け止めていますか?
「すごく嬉しいです。でも逆に外してしまって、なかなか点を決められなかった試合も多いですし、まだまだ自分は成長できると感じています」

Q:代表活動でも結果を残してチームに戻って来たという印象ですが、秋に始まる最終予選に向けて、ここからの3カ月弱の期間で、どんなことを意識しながら日々の練習や試合に取り組んでいきたいかと思いますか?
「目の前のことをコツコツと積み重ねていけたらなと思います」

Q:結果にもこだわりたいといったところでしょうか?
「はい。結果を求めてやっていきたいです。今日の前半に関しては、僕がちょっと自由に動きすぎてポジショニングが後ろになってしまったので、もっともっとゴール前で相手が脅威になるようなポジションを取っていかないといけないと思います」

Q:ここ最近、中盤がダイヤモンドになっていることが多いのかなと思いますが、この布陣に対して、古橋選手はどのような手応えを感じていますか?
「どの選手が入ってもやれるということを証明できてとできていると思いますし、誰が出ても勝てるようにやっていきたいと思います」

Q:サンペール選手とイニエスタ選手が縦関係になることで、効果的な組み立てができているのではないかと思いますが、その辺りはどう感じていますか?
「アンドレスだけではなくて、僕も間でボールを引き出そうとしましたし、それに相手が付いてきたら裏も狙えると思うので、より攻撃的なサッカーができるかなと思います。けれども、相手にボールを奪われたときにセルジの両脇がすごく空いてしまうので、そこで僕らFWの選手が素早く守備に回って、相手に自由に蹴らせないようにしないといけないなというのも感じます。まあ結果論で言えば、僕たちがボールを握れれば、相手にそういうプレーはされないと思いますし、まだまだ僕たちの質は上げられると思うので、しっかり上げていって、1試合、1試合大切に勝てるように、みんなでつながって目指していきたいなと思います」

Q:福岡の山岸選手とは岐阜時代に一緒にプレーした間柄だと思います。こうやって切磋琢磨する関係というのはいかがでしょうか?
「山岸選手はすごく上手いので僕も負けていられません。今日はお互いに1点ずつ取りましたけれども、欲を言えば、僕がもう1点取っていたら勝てたので悔しいです」

[中倉一志=取材・構成・写真]

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ