「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

☆無料記事☆大岩剛監督「サポーターの皆さんと一緒に戦ってFC東京さんにプレッシャーをかけられたことを嬉しく思います」/【コメント】明治安田生命J1リーグ第26節 FC東京戦

■大岩剛監督 

今日は勝利が必要な試合で、選手たちがよく立ち上がりから戦ってくれた結果、先制点が取れましたし、苦しい後半もよくしのいで追加点を奪うことができました。サポーターの皆さんと一緒に戦って、FC東京さんに少しでもプレッシャーをかけられたことをすごく嬉しく思います。

 

――相手の2トップを含めて、相手の良さを消すことが見られたのですが、どういう風にゲームを組み立てられたのかと、今日のゲームプランを教えていただけますでしょうか?

当然、相手の2トップには注意深く対応するようにいろいろな指示を出しました。CBの二人を中心にして、まわりがよくサポートしてくれたと思います。非常に評価しています。あとはゲームプランですけれども、こればかりはプランを立てたからと言ってそのとおりにいくとは限らないので、当然、先制点を奪って自分たちが優位に試合を運ぶことができましたけれど、後半の立ち上がりに中盤まで含めて少し押し込まれるところがありましたので、そういうところは修正する、と。あとは交代選手を含めた選手でしっかりとゲームを終わらせるという流れはできたんではないかと評価しています。

 

――長谷川監督から「鹿島らしさにやられました」というコメントがあったのですが、大岩監督は鹿島らしさとはどういうものだとお考えですか?

大先輩の健太さんがわからないということは、僕もわからないということでお願いします(笑)。ただ、これは我々のホームで戦うことがアドバンテージとしてありましたし、あとは勝つためのこだわりと言いますか、こだわりや執着心が局面、局面で相手に少し押し込まれたとしても、最後は絶対に割らせないという個人個人の意識であったり、チームとしての割り切りであったり、そういうところは自信をもって選手を送り出していますし、そういうプレーができる選手たちです。そういうところを健太さんは言ってるんじゃないかと思っています。

 

 

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック