群馬サッカーNEWS Gマガ

無料記事【コメント】ザスパ J2復帰!布啓一郎監督コメント

【コメント】ザスパ J2復帰!布啓一郎監督コメント

 

J3第34節 ザスパ対福島

ザスパ2対1逃げ切り勝利で J2復帰!!

布啓一郎監督体制2年目で悲願のJ2昇格!!!!!

 

 

 

 

【結果】

 

ザスパ 2−1 福島

 

前半(0−0)

後半(2−1)

 

【得点】

 

48分:渡辺広大(ザスパ)

55分:高澤優也(ザスパ=PK

84分:イスマイラ(福島)

 

 

【システム】

[4-4-2]

 

=============    

=====榎本======

=============

飯野===田中====姫野

=============

===佐藤祥==磐瀬===

=============

光永==渡辺==舩津==吉田将

=============

=====吉田舜=====

 

【交代】

42分:榎本樹→高澤優也

88分:田中稔也→ジャスティン

94分:姫野宥弥→福田俊介

 

 

 

  

 

布啓一郎監督

 

「4試合前に北九州さんに敗れて、それからの残り3試合、とにかく残り3試合で勝点9を取ろうということで戦ってきましたが、まずはそれが達成できたことがこの結果につながったと思います。

 

今日はアウェイのゲームでしたが、これだけ多くのサポーターの方が群馬から来てくれて、その中で、タスクであるJ2復帰が達成できたことが今シーズンの一番の成果だったと思います。

 

ゲームは、後半に得点が続けて取れて、そのあとも狙いどおりプレスを仕掛けていって、途中で1点は返されてしまいましたが、選手たちが最後までゴール前のところで戦ってくれたことで、勝ち切ることができました。選手たちが、どんなときもあきらめずに90分間、戦ってくれた成果が昇格につながりました」

 

 

Q 試合終了のホイッスルが鳴った瞬間の気持ちは?

 

「群馬をJ2に復帰させるのが私のタスクで、昨年はそれができずに申し訳なかったのですが、本来であれば解任されても仕方がない中で、もう1年、チームを預けてくれてチャンスをもらったことで、いまは昇格が達成できたことについてはホッとしています。選手が一丸となって1年間戦ってくれたことに感謝するとともに、サポーターの方々の声援に応えることができたことを嬉しく思います」

 

Q 今年、昇格が達成できた理由は?

 

「群馬の選手は真面目で、去年のチームも役割の遂行能力が高くて力があったと思います。ただ、去年はちょうど年齢的にチームの切り替えの時期で、その中でオファーを継続できない選手もいて、それは申し訳ないと思っています。今年は、入れ替わりがあった中で、新しく入ってきた選手たちが頑張ってくれて、徐々にチームとして形をなして、中盤から終盤にかけて、結果を残すことができました」

 

Q 先制ゴールの渡辺広大選手の評価について?

 

「広大が得点を取ってくれましたが、広大だけではなく、CBのところで最年長の舩津と広大が、年間を通じてチームをまとめてくれました。広大は私の市立船橋時代の最後に1年間だけ教えた選手で、そのころからチームをまとめる力がありました。感慨深いものがあります。今年は若い選手が多い中で、手綱を締めてくれました。オンザピッチ、オフザピッチで仕事をしてくれたと思います」

 

Q シーズン序盤に苦しんだ中で、どこが転機になったのか?

 

「一つに絞るのは難しいですが、去年までは3バックが多くて、今年途中から4バックに変えたのですが、今年のメンバーをみたときに4バックの方がバランスが取れるというのが、はっきりしてきました。システム変更が功を奏したのかもしれませんし、青木翔大や高澤優也、加藤潤也たちが得点を重ねてくれたのも大きいです。それを支えた中盤、守備陣も頑張ってくれたと思います。選手、コーチ、みんなでつかんだ昇格です」

 

Q 来季はJ2での戦いになる。どんな戦いを?

 

「サポーターに広大も言っていましたが、J2はこんなに甘くはありません。それが事実だと思いますので、強化部長と話をして、移籍する選手がいるのは我々の宿命なので、またパワーアップした布陣を組めるように、練り直していきたいと思います」

 

(一同拍手)

 

(2019.12.08)

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック