群馬サッカーNEWS Gマガ

無料記事【Gマガ】前橋育英サッカー部監督・山田耕介氏、ザスパ新会長就任!!! 奈良知彦社長との強力2トップでザスパを牽引

無料記事【Gマガ】前橋育英サッカー部監督・山田耕介氏、ザスパ新会長就任!!!

奈良知彦社長との強力2トップでザスパを牽引

 

 

 

ザスパは4月24日に株主総会を行い、前橋育英サッカー部監督・山田耕介氏(現同校学監理事)が会長に就任することが了承された。昨年度までの遠藤祐司会長(サンワ会長)は顧問となる。またクラブは2019年度の売上高が4億6463万で2500万円の黒字となったことも合わせて発表した。

 

山田氏は昨年度まで同校長を務めていたが、定年を迎えたことやサッカー部指導に専念することなどから校長を退き、今年4月から学監理事となっていた。ザスパ側は、クラブ体制の強化のため、山田氏にクラブ入りを打診。会長ポストを用意して、招へいする形となった。高校に勤務しながら、非常勤でザスパの経営に携わることになる。

 

山田氏は2013年からザスパのクラブアドバイザー、2018年からは強化育成アドバイザーとしてザスパをサポート。2018年にクラブは布啓一郎監督を呼んだが、その裏には奈良社長と山田氏の推薦があった。山田氏は、201712月の布監督就任会見にも出席していた。

 

山田氏は2018年1月に、就任36年目にして全国高校サッカー選手権を初制覇。今年度は、群馬開催のインターハイ制覇、さらには2度目の選手権制覇へ向けて、チーム強化に尽力していた。現在はコロナ禍でインターハイの開催が微妙な状況となり、サッカー部の活動は休止中。これからは前橋育英強化に軸足を置きながらザスパ強化にも参画する。山田氏は、S級ライセンスも取得している。

 

今後は、山田会長(前橋育英監督)、奈良社長(前橋商元監督)の高校サッカー名将2トップで、ザスパを牽引していくことになる。

 

(前橋育英サッカー部監督・山田耕介著=Gマガ伊藤寿学・編集構成 。好評発売中)

 

 

 (2020.04.24)

 

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック