本田圭佑の響く言葉,自然に出てくる日本とドイツの違い『今週の清水英斗おすすめ3本』(J論)

デイリーホーリーホック

「茨城国体eスポーツ特別先行予選のエキシビションマッチに森選手と長谷川選手が登場!」【HHレポート】※無料記事

【写真 米村優子】

今年の茨城国体で文化プログラムとして開催されるeスポーツ大会(※)。4月13日、その種目の一つである人気サッカーゲーム「ウイニングイレブン2019(ウイイレ)」の都道府県代表決定戦が全国に先駆けてアダストリアみとアリーナで開催され、エキシビションマッチに森勇人選手と長谷川凌選手が参加しました。

【写真 米村優子】

決勝戦の直前に開かれたエキシビジョンマッチでは、選手らとプロゲーマー・まーさんのチーム「チームまーさん」が、本田圭佑選手のものまねで有名なじゅんいちダビッドソンさん、茨城県PR大使のねば~る君、ねばラッキー、納豆お兄さんによる「チームねば~る」と対戦。
普段からチームメイトと選手寮でウイイレをしているという長谷川選手は慣れたパスワークで相手を翻弄します。
「学生時代はオフの日によくウイイレで遊んでいた」という森選手もすぐに勘を取り戻し、スペースの隙きを狙ってドリブルやパスで応戦すると、まーさんの巧みなアシストによって次々とゴールを量産!
前後半合わせて5得点を獲得し、完封勝利でねば~る君らを圧倒しました。

【写真 米村優子】

森選手は「楽しかったですね。普段のトレーニングでやっていること、こういうプレーをしたいなと思っていることをやれたと思います。これを機にリアルなサッカーも観に来てくれると嬉しいです」と語り、長谷川選手は「今日は練習後、到着ギリギリまで練習していました(笑)。GKはいつも得点を決められている側なので、得点を出来て嬉しかったです」とeスポーツを満喫したようでした。

エキシビションマッチ前に練習する森勇人選手と長谷川凌選手

事前の水戸スタッフとの混合チーム戦も大盛り上がり!

実況はスタジアムDJの寺田忍さん(写真左)が担当!

※eスポーツ
「エレクトロニック・スポーツ」の略。電子機器を用いて行う娯楽、競技、スポーツ全般を指す言葉。コンピューターゲーム、ビデオゲームを使った対戦をスポーツ競技として捉える際の名称。

(米村優子)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック