【サッカー人気3位】今後サガン鳥栖に何が起きるか経営的な部…

デイリーホーリーホック

「プラチナパートナーのネッツトヨタ茨城が新規で車両を提供」【HHレポート】※無料記事

【写真 米村優子】

プラチナパートナーのネッツトヨタ茨城株式会社が4月25日、水戸市平須町のネッツトヨタ茨城マイネ平須店で水戸ホーリーホックへ新たに車両を提供しました。

ネッツトヨタ茨城は今年で創業50周年。今季はユニフォームスポンサーとなるだけでなく、ホーリーホックとコラボレーションして「水戸ホーリーホック×ネッツトヨタ茨城親子サッカー教室」を県内各地で開催中です。
同社は2014年からトヨタ車「iQ」2台をホーリーホックへ無償で提供していましたが、今回はネッツ専売車であるコンパクトカーの「ヴィッツ」2台、大人気車種「アクア」1台に変更。
これまでよりも1台追加され、営業チーム、ホームタウン活動チーム、アツマーレに在勤しているスタッフらが使用していくとのことです。

【写真 米村優子】

ネッツトヨタ茨城代表取締役社長兼COOの後藤和弘さんは「以前よりも台数を増やし、使い勝手の良い車に変更しました。スタッフの皆さんに色々な場所で活用して貰えたら嬉しいです。現在、首位とチームも調子が良くて、我々も嬉しくてしょうがない。このまま突っ走って、J1へ昇格して貰いたいです」と語りました。
早速、駐車場で試乗していた沼田社長は「とても乗りやすく、世界のトヨタ車の性能は間違いありません。今後スタッフがより快適にスムーズな移動ができますので、大変ありがたい限りです」と乗り心地の良さを実感。
そして「ネッツトヨタ茨城様は、水戸ホーリーホックに初めてスポンサードしてくださった企業で、古くから多大なるご支援をいただいています。クラブの発展のため、地域の方々への恩返しのために使わせていただきたいと思っています」と感謝を述べていました。

チームの躍進は、縁の下の力持ちであるスタッフの支えがあってこそ。今後も地域での基盤づくりや地域貢献活動がますます進んでいくことでしょう!

(米村優子)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック