Jサポフリーペーパー文化。君は『アディショナルタイムズ』を読んだか?(J論)

デイリーホーリーホック

小川航基選手「自分の一番の武器は得点。そこがブレると選手として間違った方向に行ってしまう。得点を取る姿をサポーターに見てもらいたい」【コメント】※無料記事

【写真 水戸ホーリーホック】

Q.後半途中からの出場となりました。どんな意識を持って入りましたか?
「ゴールを決めるのと同等ぐらいに自分や隆君(福満隆貴選手)が入ってチームの戦術が変わってしまったと言われないように、しっかり戦術を理解してやろうと。前から行って、切り替え早くしてという意識を持って入りました。予想以上に既存の選手が前からの守備や切り替えが速くて、サボるように見えたかもしれませんが、そこはもっとやっていきたいと思います」

Q.入る直前に失点してしまって流れが悪い中での投入でした。
「流れが悪かったので、前線で起点を作って欲しい、しっかり守備して欲しいと監督から言われました」

Q.加入直後に早速得点を決めました。
「パッと顔を上がった時にどこに動こうかと考え、DFの背中というか見え辛い位置に取るように毎回意識していて、ボディーフェイクで一瞬フリーになった。なので、トラップしてからのシュートがすごくスムーズだった。あの形はジュビロでもすごく自主練習でもやっていた形だった。感覚通り、自分の特徴が出たかなと思います」

Q.胸や足でトラップして、結構際どいプレーでした。瞬時にベストな所に蹴り込みました。
「足首のブランクもありましたが、ああいう感覚は全然忘れていない。もっとやれると思います」

Q.これからサポーターに自分のプレーのどんな所を見て欲しいですか?
「やはり自分の一番の所は得点だと思っています。そこをブレると選手として間違った方向に行ってしまう。得点を取る所をサポーターに見てもらいたいです」

Q.ここからがスタートですね。
「まだまだ認められていない所もたくさんあると思うし、もっとフィットできるようにしたいです。今日も合わなかった所がたくさんあったので、そういうのをもっと合わさないといけないです」

Q.合流して一週間ですが、戦術はどういう点を押さえて入ったのですか?
「ここに加入が決まってから水戸のサッカーをずっと見ていて、なんとなくイメージはついていた。水戸に来てからも茂さん(長谷部茂利監督)のミーティングだったり、自分たちはこういうサッカーをするというのは刷り込まれていたと思います。でも実戦でやってみないと言葉ではわからない部分もあり、自分の中では意識してやっていたつもり。例えば、前から行く、3秒位内に切り替えて相手のゴールの近い位置で奪い返すのを90分間やり続ける。それがこのチームの特徴であり、そこが出来ているが故にこの順位にいる。それを既存の選手以上にやれればと思います」

Q.自身初の移籍ですが、実際にしてみてどうですか?
「すごく自分自身、考えましたが、『小川、移籍か…』と思った人もいるだろうし、片や『遅くねぇか?』と思った人もいると思います。僕の中で『今年ジュビロで出られなかったら、オリンピックはないな』など色々と考えました。ジュビロで出られなかったのですが、まだ巻き返すチャンスがある所で、環境を変えるというのがありました。ジュビロにもう4年いて、試合に出て学ぶことしかないと思っていました。若い内に試合に出て、得点を決めることが大事だと思いました」

Q.合う合わないを肌感覚で感じるのも、代表の経験があったからでしょうか?
「それは間違いなくあって、トゥーロンがすごく大きかった。ジュビロに対してマイナスなことを言うつもりは全くないですが、ジュビロで得点を取れないのは何故だろう?とすごく考えたこともあった。ただ代表に行って点を取れたのは何故だろう?と考えた時、チームの戦術だったり、自分がどう輝くのか、肌で感じた所はあった。色んな所の環境を経験したのは大きかった」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック