【サッカー人気2位】学んだことを生かすべきゲーム 出せるも…

J論プレミアム

スポーツ能力の遺伝率は85%。「才能は育てられる」と思い込んでいる親が知っておくべき不愉快な事実【橘玲 真実のキラーパス】

 

スポーツの世界で才能のない親の子が大成するのは無理ゲーである――。
『言ってはいけない』など数々のベストセラー本を世に送り出し、最新刊『無理ゲー社会』も大きな反響を呼んでいる作家・橘玲が今回挑むタブーは、スポーツと遺伝の関係。育った環境よりはるかに遺伝の影響が大きいとすれば…。
東京オリンピック・パラリンピックの狂騒が過ぎ去ったいま、日本に蔓延する育成神話に一石を投じるべく特別に寄稿してもらった。

 

■身長や体重よりも高いスポーツ能力の遺伝率

身長の遺伝率は66%、体重の遺伝率は74%だが、スポーツの遺伝率は85%――。ここでは、行動遺伝学のこの知見の意味を考えてみたい。

「氏が半分、育ちが半分」といわれるように、遺伝と環境が子どもの成長に大きく影響することはむかしから知られていた。だがその役割が実証的に分析できるようになったのは、行動遺伝学による双子の研究が本格化した1960年代以降だ。

双子には一卵性と二卵性があり、二卵性双生児は同じ子宮で育つが、兄弟姉妹と同じく(およそ)50%の遺伝子を共有するだけだ。それに対して一卵性双生児は、同一の胚が2つに分かれたのだから、100%同じ遺伝子を共有している。ここから、一卵性双生児と二卵性双生児の身体的・精神的形質の差を調べることで、環境の影響を排除しつつ(どちらも家庭でいっしょに育てられる)遺伝の影響だけを取り出すことができる。

また、一卵性双生児のどちらかが養子に出されることもある(よく知られたアメリカの例では、3つ子がそれぞれ別の家庭に養子に出された)。このケースでは、遺伝の影響を排除しつつ(同じ遺伝子をもって生まれてきたから)環境の影響をだけを調べることができる。

こうした研究を世界じゅうで膨大な数行なった結果、2000年にその知見が3つの原則にまとめられた。

第1原則 ヒトの行動特性はすべて遺伝的である
第2原則 同じ家族で育てられた影響は遺伝子の影響より小さい
第3原則 複雑なヒトの行動特性のばらつきのかなりの部分が遺伝子や家族では説明できない

「原則」というのは、ある特定の研究結果だけで否定することはできない、という意味だ。この原則が誤っているとしたら、半世紀かけて積み上げられてきた行動遺伝学という学問そのものが根底から覆ったときだけだ。そうでなければ、誰もがこの3原則を受け入れるほかはない。

 

■無視される「遺伝の影響力>子育ての影響力」という残酷な真実

第1原則は、「遺伝の影響は一般に思われているよりもずっと大きい」ということだ。わたしたちは、あること(身長や体重)は遺伝の影響が大きく、別のこと(学力や才能、性格など)は環境(子育て)で決まるとなんとなく思っている。だが、これはほんとうだろうか。

 

※この続きは「サッカーパック」に登録すると読むことができます。

(残り 3798文字/全文: 4982文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ