【サッカー人気3位】【地域CL】東京での「紫対決」は新宿が…

WE Love 女子サッカーマガジン

石橋克江がオススメ11月の #女子サカマガ プロ選手と元選手のインタビュー記事多数を予定(無料記事)2021年10月の振り返り

2021年9月12日のWEリーグ開幕から1ヶ月。スタジアムの雰囲気は大きく変わりました。ポジティブな雰囲気に包まれています。一方で苦戦する集客。 #女子サカマガ では、あえて、このタイミングで課題を整理。対策、アイデアを考えてみました。決して平坦な道を歩んでいるわけではないWEリーグですが、みんなで助け合って坂を登れば、素晴らしい景色が見えてくるはずです。

10月に掲載した記事の中から3つの記事を振り返ります。

タイバーシティ(多様性)を実体験 大宮アルディージャVENTUSのWE ACTION DAY(無料記事)

タイバーシティ(多様性)を実体験 大宮アルディージャVENTUSのWE ACTION DAY(無料記事)

大宮アルディージャVENTUSのWE ACTION DAY(理念推進日)に密着取材した記事です。どこよりも詳しくレポートしています。大宮アルディージャVENTUSは4つのプログラムを展開。その内容の濃さから取り組みへの決意が感じられます。地域に愛されるチームが育つ兆しが見えます。

WE Love 女子サッカーマガジンでは、各クラブのVENTUSのWE ACTION DAY(理念推進日)を、しっかりと紹介していきます。

コロナ禍で初めてのことが苦しかった伊賀FCくノ一三重の優勝 三橋明香選手インタビュー

コロナ禍で初めてのことが苦しかった伊賀FCくノ一三重の優勝 三橋明香選手インタビュー

伊賀FCくノ一三重はWEリーグ参入を果たせませんでした。しかし、素晴らしい選手たちが、上を目指して戦っています。その思いが伝わってくるインタビューでした。伊賀FCくノ一三重は、独自のハイレベルのサッカーをしています。いつか対戦することになるWEリーグのチームもうかうかしていられませんね。

どうする集客!?WEリーグに解消してほしい「3つの不足」【石井和裕の #女子サカマガ PKど真ん中】

どうする集客!?WEリーグに解消してほしい「3つの不足」【石井和裕の #女子サカマガ PKど真ん中】

WEリーグは、残念ながら、サッカー界が期待したほどのインパクトを社会に与えることができていません。その課題を整理し解消し、次に活かしていければと思います。

11月のインタビュー記事を、一部、ご紹介します。

・高平美憂選手(マイ仙台)インタビュー。WEリーグ開幕後、WEリーガーのインタビュー取材第一号です。
・西川明花選手(伊賀)インタビュー。2021プレナスなでしこリーグ1部得点王を独占取材しました。
・アスリートビューティーアドバイザー花田真寿美さんに聞く、女子サッカーとメイク。
・ノルウェープロリーグで活躍しながら起業した黒﨑優香選手に米国女子サッカーへの入口を聞きました。

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ