Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~

J1の観戦者平均年齢が調査開始以来初めて前年比マイナスに。「若年層に対して比較的親和性の高い情報を提供できたことが大きかった(Jリーグ・出井宏明 氏)」

2018年1月29日、JリーグはJFAハウスにて、2017年シーズンのスタジアム観戦者調査のメディア報告会を行った。

会見に出席したJリーグデジタル・出井宏明専務は「来場者数が増えてきている中で平均年齢が上げ止まってきている。今までにいてくれた方に加えて新しい方が入ってきている。Jリーグの次の25年を見据えて、今まで支えてきていただいているファン・サポーターを大切にしながら、若い方に入ってきていただきたい」と話した。

説明を行うJリーグデジタル・出井宏明専務

今回の観戦者調査では、J1の観戦者平均年齢が調査開始以来初めて前年比マイナスとなり、40.1歳(昨年は40.8歳)となった。リーグ平均も41.7歳(前年41.6歳)と前年とほぼ同じ平均年齢となっている。その要因について、出井専務は「製作著作がJリーグとなったことでクリップ映像を(SNS等の)オウンドメディア等で幅広く出すことができ、若年層に対して比較的親和性の高い情報を提供できたことが大きかった。また、昨年のこの時期にトラブルもありましが、DAZNさん、DAZN for docomo さんがJリーグを素材としてたTVスポットCMをたくさん出してくださったことも大きかった」と分析している。

また、クラブ別で見ると、横浜FMが平均36.6歳と最も若く、2位の川崎Fをはじめ、4位磐田、5位G大阪も若い世代が大幅に増えていることがわかる。

【クラブ別 平均年齢】(去年)単位=歳
1位 36.6 横浜FM(37.0)
2位 36.9 川崎F(40.7)
3位 38.2 鹿島(37.7)
4位 38.3 磐田(41.2)
5位 38.4 G大阪(40.2)
6位 38.6 鳥栖(38.9)
7位 38.9 C大阪(39.2)

2017年度の調査結果こちら!(PDFファイル

Jリーグ観戦者調査(2004~)
https://www.jleague.jp/aboutj/spectator-survey/

※会見の詳細は、後日お届けする予定です。

『Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~』とは


『Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~』は、Jリーグを中心に日本サッカーの色々な話題を現場第一主義で深読みするWEBマガジンです。

クラブリリースの深層を解説する記事、選手の移籍に秘められた裏話、Jリーグ理事会の会見で語られた全容など、現地で取材を続けるからこそ得られる情報を配信していきたいと思います。また、選手や監督だけでなく、クラブフロントのインタビューなど、日本サッカーを取り巻くイシューを多角的な視点で取り上げていく予定です。

愛情と情熱をもって取材を行い、Jリーグや日本サッカーの魅力をより感じていただけるようなメディアを目指します。ぜひご一読ください。

ご購読方法

支払い方法ごとの詳細

各お支払い方法ごとに、詳しいお申し込み方法と閲覧期間の説明ページをご用意しました。下記リンクから、お進みください。

タグマ!とは

スポーツ、カルチャー、エンタメ。好きなジャンルをとことん読めるWEBマガジン

Push7リアルタイム更新通知に対応!記事更新をお手元の端末へダイレクト通知。気になる話題がいち早く!

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ