監督・永井秀樹は稀代のロマンチストかリアリスティックな戦術家か(J論)

「柏フットボールジャーナル」鈴木潤

【無料記事】【レビュー】 日本CY選手権 関東2次予選リーグ 柏レイソルU-18 vs 東京ヴェルディユース -1854文字- (2015/06/15)

日本クラブユース選手権U-18 関東2次予選リーグ

柏U-18 1-1 東京Vユース

得点:14分 伊藤達哉(柏)、81分 小幡祐稀(東京V)

●スタメン

20150615223543

DSC02396_R

柏U-18

GK21松本健太、DF2熊川 翔、3城和隼颯、18東山航大、4古賀太陽、MF6安西海斗、8下澤悠太、7山崎海秀、FW9浮田健誠、11伊藤達哉、10白川恵士朗

DSC02386_R

東京Vユース

GK1児玉 潤、DF15平田竜士、2品田竜之介、3深沢大輝、11林昇吾、MF24藤本寛也、10井上潮音、7佐藤瑠己安、4冨樫凌央、FW8渡辺皓太、9郡 大夢

 

この試合前に千葉と湘南が引き分けたため、柏は大量得点差で勝たない限り2位以内は確保できないが、敗れても1点差の負けならば、関東クラブユースの順位決定戦へ進める3位以内は確保できるという難しい条件の中で迎えた試合となった。

それでも、躍動感のある試合展開になったのは、下平隆宏監督が新たな試みとして話していた「相手に来させてカウンター狙い」という策により、奪った後に高い相手のラインの背後へ飛び出していく動きが、普段以上に多く見られたからだ。

14分、左SBの古賀太陽のクロスを下澤悠太が折り返し、ファーサイドの伊藤達哉が詰めて柏が先制する。

五分五分の前半から、後半は大きく柏ペースへ傾いた。東京Vの前からのプレスを、安西海斗とCB、もしくは中盤のインサイドかSBを使って巧みにいなすと、その相手が食いついてできたすぐ裏のスペースに、ビルドアップは加わらなかったインサイドハーフ、SBのいずれかが飛び出し、前線の3枚と連携してスピーディーでダイナミックな縦に鋭い攻撃を展開していく。

しかし、東京Vのゴールまで迫っておきながら、最後のパスやシュートの精度に欠け、3、4度訪れた追加点のチャンスをフイにすると、70分過ぎからは東京Vの反撃が始まった。東京Vの圧力に自陣深くまで押し込まれ、クリアで逃げてもセカンドボールを拾われて2次攻撃、3次攻撃を浴びる苦しい状況へ。

東京Vとしては、その攻撃が実り、81分には左右への揺さぶりから最後は小幡祐稀がネットに突き刺してタイスコアに戻す。

このまま1-1で試合は終了。東京Vの予選1位通過が決定し、3位となった柏は昨年に引き続き那須での順位決定戦で夏の日本クラブユース選手権出場を懸けて戦う。

 

試合終了後の監督・選手コメント

○下平隆宏監督

「今日はわざと相手に来させてカウンター狙いに行きました。この1週間はそのトレーニングをやってきて、チャンスは多かったんですが、なかなか決められなかったです。うちの選手はポゼッションはいつでもできるから、カウンターもやっていこうと、いろいろなことができるように。後半の途中までは狙い通りで、今日は対角線のSBへのボールが多かったと思うんですが、あれを途中でクマ(熊川)が引っ掛けて一気に出ていく。1本でも決まっていれば、今週はそれをやってきたので、みんなもっと盛り上がったと思うんです。今日はここまで出せたので、もうちょっとトレーニングをしていけば、もっと出せると思います」

 

○白川恵士朗

「今日はカウンターを練習からやってきて、みんな狙っていました。このチームの足りなかった部分だと思うので、これからみんなで取り組んでいくというところに関してはやれていると思います。奪った後、相手の背後にランニングを意識しました。そこで点が入らなかったのは自分の技術もありますし、もっとみんなの勢いが強ければ入ったんじゃないかと思います。みんなで一気に動き出していくような。これからみんなで意識してやっていければいいと思います。

クラブユースの全国に行くには決定戦で勝つしかないので、みんなで一丸となって頑張りたいです。去年も3位で那須で戦って、自信はあったのに行けなかったので、今年は油断はしないでいきます」

 

○下澤悠太

「前半立ち上がりも引っ掛けて、チャンスになったんですけど、それを決め切れればよかったです。それを決め切れなかったのと、まだカウンターは形にはなっていないので、那須までの1週間で突き詰められればいいと思います。ただ手応えは少し掴むことができました。今までのレイソルはそういうところ(カウンター)が足りなかったので、自分たちの代でこういうところもあるんだぞというところを見せていきたいです。ゴール前の質を上げていくことが今の課題ですね。

去年は那須で負けて(全国大会に)上がれなかったので、今年はもっと突き詰めてやれればいいと思います」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック