【サッカー人気2位】興梠慎三が「自分としては一番好きなプレ…

「柏フットボールジャーナル」鈴木潤

ネルシーニョ監督「ミカ(オルンガ)と(呉屋)大翔が最終ラインの背後に飛び出し、チャンスを何度も作れていた」/J1 第15節 柏 vs G大阪【試合終了後コメント】-無料記事-

○ネルシーニョ監督

「前半の入りから今日は勝ちたいという気持ちが前面に表れていた展開だったと思います。序盤の早いタイミングで点を取れたことによって、我々は落ち着いたゲーム運びができたと思います。選手間の連動、組織的なポジショニングから相手の守備のオーガナイズの間にできたスペースをうまく突きながら得点を決めることができました。得点以外にも何度かチャンスを作れた、そういうゲームの中で今日は幅広くボールを動かし、相手の守備ラインが高くなったところをミカ(オルンガ)、(呉屋)大翔が駆け引きをしながら最終ラインに飛び出す。そういうシーンを何度も作れていたと思います。ハーフタイムに入って選手たちに伝えたのは、前半やれていること、やれていたことを変えずにうちが主導権を握ってゲーム運ぼうと、前半の時点で点が入っていたので、我々としては変わらず落ち着いてボールを握りながら、相手の空けたスペースをやり方を変えずに、それに伴って後半に入ってからはチャンスも相当数作れていたと思うので、今日の勝利は選手のおかげでもぎ取ったと思っています」

 

−江坂選手、オルンガ選手、呉屋選手が同時にスタメンで出るのは横浜FC戦以来二度目ですが、今日この3人を同時に起用した狙いを教えてください。

「もちろんまず最初になんと言っても勝つためのこちらの策だというのは間違いないんですが、ただ相手のフォーメーションが3バックだったということで、大翔とミカの2トップにしたのは彼ら二人が相手の最終ラインと駆け引きをすることは、相手にとっては当然脅威になりますし、相手の最終ラインと駆け引きをしながらボールを奪った瞬間には背後を取りにいくと、そういうことを彼らにはやって欲しいとピッチに送り出しました。前半も後半も、大翔とミカがそこをしっかり狙ってくれたおかげで、決定機を何度も作れていたと思います。そこの狙いはゲームプランとしてありました」

 

−先制点は、オルンガ選手のポジショニングが際立った得点だったのでしょうか?

「先ほども言ったとおり、今日の2トップ、ミカと大翔を置いた最大の狙いは相手のフォーメーションが3バックだったので、その最終ラインと駆け引きした中で、最終ラインの背後にできるスペースを突いていこうと、ボールを引っ掛けたタイミングで背後を取りに行こうというゲームプランとして持って今日は臨んだので、ミカがそこをしっかりやってくれた結果、もちろんポジショニングが良かったことも一つ言えると思いますけど、ゴール前で何度もチャンスを作れていたと思います。それというのも受け手のミカだけの良さだけではなく、受け手と出し手の動きがシンクロした結果、奪ってから受け手はどこにボールが出てくるか、出し手は奪ってからどこにボールを出すべきか、それをお互いに理解してあえている、その結果だと思います」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック