【サッカー人気5位】浦和レッズレディース清家貴子選手「ファ…

「柏フットボールジャーナル」鈴木潤

ネルシーニョ監督「我々が3点目を取り急ぎすぎ、カウンター一辺倒になってしまった」/J1 第23節 湘南 vs 柏【試合終了後コメント】-無料記事-

○ネルシーニョ監督

「非常に前半の入りから拮抗したハードな試合になりました。相手に先制点を取られたものの、前半のうちに1点を取り返し、前半はイーブンで折り返しました。ハーフタイムに入って我々としては攻撃のところをもう少しアグレッシブに起点を作ろうということで一人交代で投入し、狙いどおり決定機も作れていましたし、2点目を取ることができて我々としてはそのままの勢いでゲームを決めきることができたと思うんですが、再三の決定機を作りながら決めきることができずに、徐々に相手にペースを握られてしまいました。湘南もここまで6試合勝ちがないので、非常にモチベーション高くこのゲームに臨まれたと思います。やはりあれほどのチャンスを作っておきながら3点目を決めきることができなかったことが結果として相手が勢いづくきっかけを与えてしまったのかなという展開のゲームだったと思います」

 

−後半の途中から湘南にセカンドボールを拾われていましたが、コンパクトな陣形を保てなかったにことに問題がありましたか?

「それだけではないんですが、何より一番の原因は我々が3点目を取り急ぎすぎたことにあると見ていて、相手との駆け引きの中で、相手がボールを握る時間帯、こちらが働きかけて相手にペースを握らせないという時間帯を作らなければいけないところが、ボールを引き上げてからカウンターに出ていく一辺倒になってしまい、相手にいなす、ボールを動かしてポゼッションをしながら攻撃の入り口を見つける作業が疎かになってしまいました。前に前に我々が行きすぎて、そうしているうちにライン感がコンパクトに保てなかったことが一番の原因で、相手と駆け引きをしながら、時間帯によっては我々がボールを握って逆に走らせるというふうな駆け引きが必要だったんですけど、2−1になってから我々が3点目を取り急ぎすぎました。走り合いになってしまうと相手にはスピードのある選手がいますので、我々がなかなか守備のところでコンパクトにラインを保てなかったというのもあって、相手が徐々に形勢逆転していった展開のゲームだったと思います」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック