【サッカー人気4位】【山雅探報】2021新春スペシャル:元…

「柏フットボールジャーナル」鈴木潤

北爪健吾「残りの試合に向けてつながる勝利になった」/J1 第29節 鹿島 vs 柏【試合終了後コメント】-無料記事-

○北爪健吾

−今日はかなりはっきりとした戦い方をしましたが、WBとしてどのようなことを意識しましたか?

「守備のところでしっかりと、中に人はいたので、いかにSBのところにスイッチを入れられるか、僕と瀬川がスイッチを入れられるかというところと、攻撃では3バックなので、なんとしても個人としても数字というところを求められているのを感じましたので、そこを意識して試合に入りました」

 

−数字というところでは今日は先制点を決めました。前日のセットプレーの練習で用意してきた形だったとクリスティアーノ選手も話していました。

「まさに昨日のセットプレーのトレーニングで相手を想定しながら(自分が)空くことも分析の中で把握していましたし、トレーニングではなかなかゴールという形を出せなくて、チームメートに期待をしてもらえなかったんですけど、なんとか結果という部分ではボールも良かったですし、それを活かすために動いてくれた中のチームメートにも感謝したいと思います」

 

−北爪選手は鳥栖戦でも得点に絡みました。活動休止前と比べても、選手間で状態にばらつきがある中で、北爪選手はそこまでコンディションが落ちていないという感じを受けますが?

「準備期間が短いとか、いろいろある中で、個人でもできる範囲で、制限がある中でトレーニングや準備をしていましたし、やっぱりピッチに立つ以上は言い訳はできないので、鳥栖戦に敗戦して自分たち、サポーターも含めて勝つためにやっているということを再認識できたので、アウェイで難しいゲームになりましたけど、勝点3を取れたことは残りの試合に向けても、チームとして次につながるゲームになったと思います」

 

−鳥栖戦に負けて、チームが自信を失いかける敗戦だったと思うんですが、今日のアウェイで4−1という結果については?

「まずは連敗を避けられたこと、しっかりチームとして切り替えてこのゲームに臨めたことが第一勝てた要因のひとつだと思いますし、一つでも順位を上げて、目標としている位置まで到達するためには負けられないゲームが続くので、そういう意味では先制点のところと、今日に関しては我慢をしながら追加点をやらずに、その後の追加点を奪えたことが勝てたひとつの要因だと思います」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック