【サッカー人気3位】戦い方の変更と闘志の大切さについて

「柏フットボールジャーナル」鈴木潤

呉屋大翔「自分ができるプレーをしようと思って、あまりプレッシャーはかかりすぎずにプレーできています」J1 第2節 柏 vs 湘南【試合終了後コメント】-無料記事-

○呉屋大翔

−先制点の場面は、マークに石原選手がずっと付いている状況でしたが、そのときにどんな駆け引きがありましたか?

「最初、ニアに突っ込もうと思ったんですけど、なんとなくニアには引っ掛からなそうだなと感じたので、それで止まって良かったと思います」

 

−少し石原選手とは距離を取る感じだった?

「そうですね。マークはタイトに付いていくるというのはわかっていたんですけど、そんなに上背があるわけではないので、ちゃんと競えば勝てるかなと思いました」

 

−後半はシステムが少し変わり、ヒシャルジソン選手と椎橋選手がインナーに入りました。2点目のシーンは呉屋選手のポストプレーが起点になりましたが、ヒシャルジソン選手と椎橋選手がインナーになったことでライン間が空いたという感覚でしたか?

「そうですね。フォーメーションが変わってから、ボールもスムーズに動いたので、崩れそうだなという感覚はありました」

 

−ポストプレーではたいてから、呉屋選手はファーに入っていった。

「シイ(椎橋)がニアに入ったのが見えたので、止まっておこうかなという感じでした。シイがどうせシュートミスするだろうと思ってファーで構えていました(笑)」

 

−昨季得点王を取ったオルンガ選手が抜けて、監督、選手からいろいろなことを求められたり、ご自身も気持ちの変化もあったと思いますが?

「別に監督からもチームメートからも特に言われているわけではないので、僕的には周りの人は絶対に意識すると思うんですけど、僕的にはそんなに意識せずというか、自分ができるプレーを、(オルンガ選手とは)また違うプレーができるので、それしようと思ってあまりプレッシャーはかかりすぎずにやれていると思います」

 

−今季の最初の2試合はチームとして決めきれず、呉屋選手自身も悔しい思いもあったと思いますが?

「でも開幕戦もアクシデントで替わってしまいましたし、ルヴァンカップもこれといったチャンスはあまりなかったので、僕としてはボールさえ入れば決められる感覚はずっとありました。そのへんはあまり心配していなかったです」

 

−今日はポストプレーでも献身的に身体を張っていましたが?

「今日に関しては1トップだったので、特に前半は僕が起点にならないと攻撃が始まらないと思って、そのへんは意識していましたけど、どちらかというとゴールに向かわないといけないという気持ちが大きかったので、そのへんはうまくバランスを取りながらやっていました」

 

−FWは得点を取らなければいけないというプレッシャーがあると思いますが、そのプレッシャーとどう向き合っているか?

「プレッシャーというよりは、ゴールを取らないと楽しくないという感覚が大きいので、どっちにしても取らないと成り立たないと自分では思っています。なので過度に取らなきゃ取らなきゃというよりは、ある程度ラフには考えていますけど。でも結局取らなければ評価もされないので、そのへんは今は良い状態でゴールを捉えられていると思います」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ