0‐7の処方箋(J論)

「柏フットボールジャーナル」鈴木潤

神谷優太「流れを変えることを意識して試合に入った」/J1第6節 柏 vs 清水【試合終了後コメント】-無料記事-

○神谷優太

−今季初出場となりました。ここまでチームとして結果が出ていない中で、神谷選手は自分が入ったらどうやって得点を生み出そうと考えて入りましたか?

「まず、流れを変えることを意識していましたし、ここ数試合勝てていなくて、自分たちは雰囲気を良くしようとしていますけど、結局周りから見たら良くない雰囲気だと思いますし、その雰囲気を変えようかなと意識していて、たまたま良い状況で良いパスをくれてゴールできたので、本当にそこに関しては良かったですが、もう1点取れたら良かったと思います」

 

−後半に入り、細谷選手に何度か斜めのくさびが入っていました。得点シーンもその形でしたが、今まではくさびのパスが入っても裏抜けの動きが少なかったと思います。そこも意識した場面ですか?

「とにかく僕は外から見ていて流動性が少ないと思っていたので、流動的な要素を取り入れたかったですし、(古賀)太陽、クリス、俺、ヒシャ、(細谷)真大だったり、右サイドでの関係、逆サイドでの関係をより増やしたかったです。もっと良くなるとは思いますけど、少し良いボールの動かし方ができたのかなと思います」

 

−前節はマテウス サヴィオ選手が戻り、今節は神谷選手が戻ってきました。クリエイティブな選手の復帰は今後に向けての光明になりそうですか?

「(自分は)出ていないですけど、立ち上がりの部分でしっかりとすれば勝てるチームだと思いますし、僕はずっとベンチ外で悔しい思いをしていたので、やっと試合に出られて、負けてしまいましたけど個人的には楽しかったです」

 

−先ほどチームの流動性が少ないとおっしゃっていましたが、今季開幕から見ていて、どういう部分でチームに課題があって、今後は神谷選手自身どのような役割を果たしていきたいですか?

「やっぱりボールを持つことだと思うんですけど、ボールを持つ意味というのを、ただ持っているんじゃなくて、どれだけゴールに結び付けられる動かし方だったり、あとは後半は距離感近く全員でボールに触ろうという意識が強かったと思うので、それが良い距離感になって、動いて、シュートの数は少なかったと思うんですけど、それをもっとペナルティエリア付近で、相手陣地でやれればいいのかなと思っています」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ