【サッカー人気4位】残留争いしているチームには見えない徳島…

「柏フットボールジャーナル」鈴木潤

神谷優太「チーム全体として、もっとゴールに矢印を向けてプレーをしなければいけない」/J1 第30節 G大阪 vs 柏【試合終了後コメント】

○神谷優太

−前節の広島戦では、神谷選手は攻撃に関して「積み重ねるしかないが、練習では良い場面は作れている」と話されていました。以前は先制されると攻撃が単調化してしまいましたが、今日はボールを動かしながらフィニッシュまではいけていた。チームの攻撃については?

「いつもだったらロングボールが多い中で、なかなかゴールに迫る、相手が怖がるプレーをチーム全体でできていなかったと思いますが、ずっと心がけていたペナルティエリア付近で落ち着いてプレーするというのは僕自身すごく大切だと思っていますし、落ち着いてプレーできることは相手も怖いと思います。そこはピッチ内でいろいろな人に声をかけながらプレーをしました」

 

−広島戦に比べると、神谷選手自身のプレーもフィーリングが良いように感じましたが?

「そうですね。前よりはだいぶ良くなったと思いますけど、もっと質を全体的に高めて、もっとゴールに迫るような、チーム全体としてゴールに矢印を向けてプレーができたらいいと思います」

 

−今日はサヴィオ選手がボランチに入り、神谷選手として戦い方を変えた部分はありますか?

「サヴィオは前を向ける選手なので、そこでサヴィオは違いを見せられます。より距離感を考えて全員でプレーできたと思いますし、あとはもっともっとテンポよくボールを動かせれば、チーム全体として良いプレーで良い試合になるのかなと思います」

 

−複数得点が取れていないが、そのためには継続が大事?

「もっとお互いがコミュニケーションを取って、お互いに何をしたいかを選手同士で話し合うべきだと思いますし、攻撃で複数得点を取れていないということで、前線に問題があるのかもしれないですし、あとは今日のガンバ大阪の得点はセットプレーなので、セットプレーで点を取れたらもっと楽になるのかなと思います」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ