J2最終節を徹底特集するLIVE(J論)

「柏フットボールジャーナル」鈴木潤

仲間隼斗「良い守備から良い攻撃ができなかった」/J1 第33節 浦和 vs 柏【試合終了後コメント】

○仲間隼斗

−後半からの出場になりましたが、3点ビハインドの状況で、どのように点を取りに行こうとしましたか?

「3点ビハインドだったので、とにかくチームがアグレッシブにゴールを目指してやっていこうと思ってピッチに立ちました」

 

−この試合に限ったことではないですが、ビハインドを背負う攻撃の形が作れない。その攻撃の課題について。

「うちの場合は良い守備から良い攻撃というのが形としてあるんですけど、そこの良い守備が前半からなかなかできず、相手のゴール前でのクオリテイーが高かったというゲームでもあると思うので、失点に関しては仕方ない部分もあるんですが、もうちょっと自分たちの良い守備から良い攻撃ができたら良かったかなと思います」

 

−酒井選手、山中選手、アカデミー時代の先輩、後輩とこういうピッチで戦えることについて。

「自分の場合は下からというか、酒井くんだったり山中はレイソル(のトップチーム)に上がれてというところで、そういう選手とこうしてJ1の舞台で戦えるのはすごく嬉しいですし、まだまだJ1のピッチで戦いたいと思います」

 

−改めて負けてられないという気持ちになりましたか?

「もちろん、負けていられないという気持ちは常に持っています」

 

−ケガから復帰して2試合目、自身のコンディションについて。

「そうですね。前節から今節にかけてもチームの全体練習を通してコンディションは上がっている状況ではあるので、最後にかけてもっともっと自分の力をチームに貢献できたらいいと思っています」

 

−途中出場の選手たちがエネルギーを出しましたが、根本的な問題は最後まで解決できな方と思いますが?

「今日は自分たちの良い守備ができなかったんですけど、そこに関しては相手の攻撃のクオリティーが高かったというのを認めざるを得ませんし、そこを上回るアグレッシブな守備を見せないといけなかったと思うので、そこは最後にかけて見つめ直してやっていきたいと思います」

 

−仲間選手が復帰して、チームとして成長しているところ、課題として残っているところは?

「最後にかけてチームとして成熟していますし、監督の思い描いている試合を重ねられるようになったと思います。あとは攻撃のクオリティー、最後のフィニッシュという部分をチームとしてもっともっと向上できればいいと思います」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ