【サッカー人気2位】勝つなら殴り合いに持ち込むこと、それ以…

サッカーの羅針盤

【カワサキうぉっち】フロンターレの”即戦力”を自覚する三笘薫:「彼がいなかったら僕はここにいない」

リーグタイトルの奪還を目指す川崎フロンターレはGKやディフェンスラインに新戦力を補強した一方で、攻撃的なポジションにいわゆる”大型補強”はありませんでした。

言い換えると、それだけ大卒ルーキーの”即戦力”としての活躍に期待しているということでしょう。その一人が三笘薫です。川崎のアカデミー育ちでもある三笘は高校三年時にトップチームからの誘いがありましたが、その時点では断りを入れて筑波大学に進学し、文武両道の生活を送って来ました。

その間にもアンダー代表を経験するなど、同年代のプロ選手に引けを取らない経験を積んで来た三笘は同期の旗手怜央(順天堂大から加入)とともに、1年目から主力級の働きが求められます。

もちろん差し迫る東京五輪に向けたアピールもありますが、リーグタイトル奪還を目指すフロンターレでルーキーイヤーから活躍するために、かなりの覚悟を持ってチャレンジして行く姿勢を感じ取ることができました。

ーーフロンターレに正式に入って、ルーキーではあるけれど、いきなりの活躍が期待されています。チームは新しいシステムにチャレンジしてますが、どういうプレーを心がけていますか?

「自分のポジションはウィングなんですけど、そこで求められることは守備だったり立ち位置のところだったり、仕掛けることだったり、自分の特徴を出しやすいので、そこを出していければ力になれると思っています。ただ、まだまだ課題が多いので、そこに取り組んで成長していければ貢献できると思っています」

ーーアンダー代表だとインサイドのシャドーとかセカンドトップのポジションで勝負をして行くイメージでしたけど、張ったところから勝負をするというのは得意?

「そうですね。張ったポジションも結構やって来たので、代表ではインサイドをやってましたけど、どっちでもできるようにしないと。どの監督のもとでもやれるようにすることが自分の成長につながると思います」

ーーサイドに張った状態からゴール前に入って行くために大事なことは?

「スプリントが求められるので、そのタイミングだったり、意思疎通のところを練習からやって行かないといけないですし、クロスボールに入って行くところは本当に言われているので、そこは毎回入って行けるようにしないといけないなと思っています」

ーー同サイドで崩す時と逆サイドからの崩しに入って行くのでは全く違うというか、でも両方が求められる中での使い分け?

「そうですね。同サイドでニアゾーンを攻略することも必要ですし、逆サイドからの攻撃の時に、ファーサイド側のセンターバックの外までスプリントして裏をとることも必要なので、その両面をやっていかないといけないと思います」

ーーフロンターレは前線に実績のある大型補強が無い中で、三笘選手や旗手選手といった大卒ルーキーがいきなり活躍して行くことがタイトルにつながる?

「それを求められていますし、即戦力として開幕から試合に絡んで結果を出していかないといけないので、その自覚は持っています」

ーー結果を出すためにフィニッシュで大事なことは?

「やっぱりメンタルのところで冷静さは大事なので、いつも通りできるかだったり、ポジショニングで相手より上手のところに立つというのは意識しないといけない。Jリーグはまだ分からないですけど、スピードに付いて行くためにはポジショニングが大事かなと思います」

ーーアンダーの代表でやっている選手とかはクラブの違うステージでもやってますけど、情報交換や刺激は?

「あんまり連絡は取ってないですね。チェックはしてますけど、全試合を観るわけではないです。でもゴールをした選手だったりは話題に出ますし、本当に海外で活躍している選手も増えているので、彼らに負けないぐらい活躍したいと思っています」

ーーやはり旗手選手という同世代のライバルであり仲間がいるのは相乗効果が?

「そうですね。彼がいなかったら僕はここにいないと思うので。これまでも切磋琢磨して来ましたし、彼の存在は僕の成長にも大きいです」

ーーフロンターレのサポーターはアカデミーから応援している人もいると思いますが、ここをしっかり観てもらいたいというプレーは?

「やっぱり仕掛けのところで相手を抜くだったり、カウンターの起点になるところ、スルーパスは人に無いものを持っていると思うので、そこを観て欲しいなと思います」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック