遠距離恋愛サポは切り捨てられてしまうのか(J論)

「川崎フットボールアディクト」

【速報レポート】J1 第5節 川崎vs広島 同点ゴールを誤審で取り消され、0−1で敗戦

■分厚く保持するが、シュートに行く回数は少なめ
分厚いポゼッションを見せるフロンターレに対し、広島はゴール前を閉めて守備を固める。ボールを持っている時間は長いのだが、シュートにまで至る回数は多く作れなかった。
ただ、時折見せる速いテンポのゴール前の崩しは見応えあるものになっており、ゴールを予感させるのに十分なものだった。

0−0で折り返した前半をふまえ、広島のカウンターとセットプレーに気をつけつつ後半に臨む。

■初黒星
後半も固い展開。
序盤にペースを握るフロンターレではあったが、広島も意識してパワーをかけてペースを握り返そうとする時間も作る後半に。

0−0で推移した試合は広島がポゼッションした時間帯のCKから失点。
1点が必要なフロンターレは、車屋をサイドバックに移し攻撃の糸口を掴むと、試合終了間際にその車屋が決定的な場面を演出。相手DFのクリアボールのこぼれを長谷川竜也が押し込みゴールネットを揺らすが、これは審判団にオフサイドと判定されてノーゴールとなる。
実際は得点がみとめられる場面だっただけに悔やまれる判定となった。

試合はそのまま0−1で終了。リーグ戦では今季初黒星を喫した。

(取材・文/江藤高志)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック