『サッカーパック』37メディアが1550円で読み放題

「川崎フットボールアディクト」

【速報レポート】J1 第8節 仙台vs川崎 目が離せない試合は、ともに決めきれず

■お互いに良さを出した前半は0−0
程よく締まり、程よくミスが出て、それなりにお互いにゴール前の攻防が見られる、という展開。どちらかが上回るというよりも、それぞれの良さが出た前半だった。

川崎フロンターレは知念慶にボールを当てて2列目3列目の選手がフォローして分厚さを出す一方、そのフロンターレのミスにつけ込んだ仙台がカウンターで足場を作っていた。

お互いに特徴を活かして攻め合う展開となっている。

■ともに決めきれず
前半体を張っていた知念慶に代えて後半頭から大久保嘉人を投入。鬼木達監督は先制点を狙いに行く。
ファーストプレーでいい形を作るが、ゴールならず。
その後も分厚くフロンターレが攻める一方、耐える仙台がカウンターを仕掛けるという展開になるが、お互いにゴールネットを揺らせず。

結局スコアレスドローで決着。ともに良さを発揮しながらも、ゴールが遠い試合となった。

(取材・文/江藤高志)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック