【サッカー人気4位】【山雅探報】2021新春スペシャル:元…

「川崎フットボールアディクト」

【速報レポート】天皇杯決勝 川崎vsG大阪 三笘薫の先制点で勝利。天皇杯初戴冠

■序盤から守備的なG大阪を圧倒。しかしスコア動かず後半へ

フロンターレに対し守備的に入ったG大阪を、序盤から押し込む前半となる。

G大阪は最終ラインの3枚がゴール前を守り、その両脇に藤春、小野瀬が戻り、4もしくは5枚でフロンターレの攻撃を封じようとした。その結果、G大阪は攻撃に出るパワーを出せず。いわゆるハーフコートゲームとなった。

次から次へとフロンターレがシュートを放つが、最後のツメに甘さが感じられたのが怖いところ。

しっかり仕留められるよう、後半の戦いに注目したい。

■1-0で逃げ切り
前半と変わらずに押し込むフロンターレは、55分にレアンドロ・ダミアンのパスを受けた三笘薫が冷静にゴールに流し込み先制した。

試合はその後もフロンターレペースで推移するが、選手交代を活用したG大阪が後半80分頃から押し込む展開に。難しい時間帯が続いたが、G大阪の試合終盤の猛攻を跳ね返し、逃げ切りに成功し。リーグと天皇杯の2冠を達成した。

(取材・文・写真/江藤高志)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック