現役GMが教えるJクラブ経営のリアルな見方(J論)

「川崎フットボールアディクト」

リーグ戦開幕に向けオンライン会見開催【ニュース】

シーズン開幕に向け、Jリーグが主催してオンラインでの記者会見が行われた。

出席したのはフロンターレの鬼木達監督と、横浜FMのアンジェ・ポステコグルー監督の両指揮官。さらに三笘薫と仲川輝人の両選手だった。

冒頭鬼木監督は「2021年の開幕、1試合しかないので。それを戦える事を光栄に思いますし、とにかく自分達は自分たちのスタイルで戦い抜くと。そこに尽きると思うので。見ている人に喜んでもらえるようなゲームをしたいと思います」と発言。

一方のポステコグルー監督は「本当に開幕戦、楽しみにしておりますし、去年は本当に大変なシーズンでした。そこで川崎との開幕にあたってですね、今シーズン戦うわけですが、開幕戦やはりいいスタートを切りたいですし、いい形でやっていきたいと思っています。しっかり自分たちのサッカーを整えてやって行こうと思ってますし、とにかく楽しみにしています」と述べていた。

両監督に続き三笘、仲川の両選手が取材対応。三笘は勢いをつけるためにも勝ち切ることの重要性を指摘する。

「そうですね、やっぱり開幕戦はチームとしても初戦ですし、また神奈川ダービーということですごく気合入ってますし、ここで勝つことが出来れば勢いも出てくると思うので。注目される一戦だと思いますし、勝ち切ることはすごく重要だと思うので。いい準備をして臨みたいと思います」

仲川は「開幕戦ですし、神奈川ダービーですし、激しい戦いになると思いますけど。スタートダッシュすることが、非常に僕たちには必要だと思ってるんで。勝ちにこだわりながら、そして自分たちのサッカーを表現するっていうことを目標に、チーム一丸となって頑張って戦えばいいかなと思っています」としていた。

注目の開幕戦は2月26日に迫っている。緊急事態宣言が発出された状況下で行われるが、熱く激しい戦いになるのは確実。いよいよ2021年のJリーグが開幕する。

(取材・文・写真/江藤高志)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ