現役GMが教えるJクラブ経営のリアルな見方(J論)

「川崎フットボールアディクト」

C大阪戦を前に、2月28日の練習が公開される【麻生レポート】

C大阪戦を前に、2月28日の練習がメディア向けに公開された。

チームの立ち上げ日ということで、冒頭30分ほどのミーティングでスタート。横浜FM戦を振り返っていたものと思われる。

ストレッチ系を入れた入念なウオーミングアップに続き鳥かごを実施。

このタイミングで横浜FM戦先発組が全体練習組から離脱し、クールダウンを行った。

それ以外の選手は、パス練習、守備2、攻撃3の設定で、中央を打開してのシュート練習。さらにGKを付けた7対7のミニゲームを行って全体練習を締めている。

練習時間は1時間45分ほどだった。

居残り練習では、シュート練習組に知念慶、山村和也、遠野大弥、長谷川竜也、小塚和季、橘田健人といった選手が加わっていた。またパス練習にはイサカゼインと田邉秀斗が取り組んでいた。

(取材・文・写真/江藤高志)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ