【サッカーパック人気1位】 北野監督の初陣は衝撃的な大敗。4失点の対価に得た成果をもとに立ち上がる…

中野吉之伴「子どもと育つ」

【最新メディア情報】中野が4月に関わった仕事を公開!

こんにちは。
管理人の木之下潤です。

中野吉之伴が4月にたずさわったサッカー系のメディア情報です。WEBサイトについては、ぜひご一読いただけたら幸いです。

▼中野吉之伴/【twitter】@kichinosuken

【WEB】執筆
・ワールドサッカーダイジェストWEB
1.好調ブンデスの2クラブがシーズン終了前に監督交代を決断。そのワケは?
2.ドルトムントがアリアンツ・アレーナにのみ込まれた夜、コバチとファーブルに何が起こったのか?
3.「チームとしての成長を感じられた」欧州遠征でなでしこ指揮官が掴んだ”手応え”の正体。
4.大迫勇也が待望のブンデス復帰を果たした裏で―――ボルシアMGは再起の幕開けを迎えていた。
5.ブンデスの残留争いが佳境に。原口元気、久保裕也は救世主になれるか?
6.ブンデスのCL出場枠は、残り1枠の争奪戦に。長谷部誠擁するフランクフルトを脅かすのは―――。
7.ブンデス屈指の名物ルール・ダービーは波乱の展開に。ドルトムントの敗因は何だったのか。

Sports navi
デア・クラシカーを控えた両者の諸事情ブンデスリーガ優勝を占う大一番

・フットボールZONE
1.レバンドフスキとロイス、“独2強エース”の明暗 「5-0」の大差が生んだ風格と失望
2.なでしこJは「技術に優れ、クレバー」 独代表の声で再確認した“武器”とW杯への課題
3.そこに“長谷部誠がいた” 傑出した予測力が支える充実の時「この時間を楽しみたい」

・サカレコ
1.小さい子に教えていけないは嘘?「戦術=強制」ではない
2.ドイツのU8/U9世代はなぜ5対5をやるのか

・COACH UNITED
14歳の国際大会で見えた違いは「センターバックのクオリティ」/2019東京国際ユース(U-14)サッカー大会

5月も中野が感じたドイツサッカーや日本サッカーについて多角的な視野で様々な発信をしていきますので、どうぞ何卒よろしくお願い申し上げます。

管理人 木之下潤

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック