【サッカー人気2位】新潟はなぜ、どこで間違ってしまったのか…

「ゼルビアTimes」郡司聡

【★無料公開】杉森考起「やっとゴールを決めたので、チームの勝利につなげたかった」【レノファ山口FC戦/選手コメント】

■明治安田生命J2リーグ第10節・4月22日(日)15:00キックオフ
町田市立陸上競技場/3,535人
FC町田ゼルビア 1-2 レノファ山口FC
【得点者】町田/49分 杉森考起 山口/39分 高木大輔、70分 小野瀬康介(PK)

 

【マッチサマリー】

主導権を握った時間帯に点を取り切る。“サッカーの鉄則”を遵守できなかった町田が上位対決に敗れた。

開始早々に杉森考起が左サイドをドリブルで切り裂きチャンスを創出。5分にはCKの展開から、二度ゴールチャンスを迎えたものの、山口の守護神・藤嶋栄介のファインセーブに阻まれて得点を奪えなかった。

前半の30分を過ぎると、町田の運動量が低下。次第に主導権はアウェイチームへ移っていく。そして0-0で迎えた39分、小野瀬康介のシュートを守護神・高原寿康が一度は弾いたが、そのこぼれ球を高木大輔に押し込まれてしまった。敵将・霜田正浩監督は「相手に押し込まれた時間帯で点を取られなかったこと、しのげたことが大きかった」と試合後に振り返っている。

1点のビハインドを背負ったまま後半に入った町田は開始早々の49分に杉森が移籍後初ゴールを奪取。町田が反撃の狼煙をあげたものの、畳み掛けられずにいると、70分には小野瀬康介にPKを決められてしまい、勝ち越し点を奪われた。

試合はそのまま1-2で終了。町田にとっては、今季初の連敗となった。

■杉森考起
ーー仕掛けて相手を剥がすプレーなど、持ち味を発揮できていましたね。
「ボールを持ったら前に仕掛けることは自分の持ち味です。それをたくさん出して、ゴールにつなげようと挑んだ中で突破はできていました。最後のフィニッシュの場面はもっと精度を上げないといけません」

ーー試合開始早々もドリブルで仕掛ける場面がありました。
「開始早々でのドリブル突破はまだ元気だったので、仕掛けていきました。最初の突破を仕掛けることがうまくいったのはそのあとにつながりました。最初にあのようなドリブル突破を仕掛けられたことが大きかったです」

ーーゴールシーンを振り返ってください。
「ゴールシーンはこぼれてきたボールを流し込む形でしたが、こぼれてくるだろうなと思っている中でこぼれてきたので、それが結果につながってうれしかったです。シュートの場面は右に蹴ろうと思って蹴りました」

ーー2試合連続で先発出場できたことも大きかったのでは?
「このチャンスにゴールを決めたので、チームの勝利につなげたかったです。もっともっと自分らしさを出して、結果につなげないといけません」

ーーシーズンの序盤はなかなか試合に絡めない状況でした。
「試合に出たいという気持ちを持ってやっている中で最初のほうは出場時間が短かったので、その中でもやれることをやるしかないと思っていました。そのチャンスをもらった時には結果を出そうと思っていました」

ーー今日の反省点は何でしょうか?
「仕掛けるチャンスではちゃんと仕掛けてそれを自分でフィニッシュに結びつけるとか、味方のチャンスにつなげるとか、そういうやり切るプレーをもっとできるようにならないといけません」

ーーチームメートも喜んだ移籍後初ゴールだったのでは?
「みんなゴールのことを「おめでとう」と言ってくれてうれしかったです。やっと取れました」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック