【サッカー人気2位】【Jふぉっち】中断期間が”プチ移籍市場…

「ゼルビアTimes」郡司聡

【★無料公開】U-18代表同部屋の晴山岬にハットトリックを食らったセレッソ大阪内定DF田平起也。彼がリスペクトする意外なCB【高校選手権レポート】

◾️第98回全国高校サッカー選手権大会3回戦
2020年1月3日(金)12:05KICK OFF
等々力陸上競技場/4,897人
帝京長岡 5-0 神戸弘陵学園(0-0、5-0/40分ハーフ)
【得点者】帝京長岡/46分 矢尾板岳、55分、75分、79分 晴山岬、74分 川上航立

▼「前半は仕事をさせなかったけど……」

戦前、帝京長岡のFW晴山岬は、U-18日本代表のチームメートである神戸弘陵学園のCB田平起也とのマッチアップを前に、こう語っていた。

「田平を相手に自分がどこまでやれるか。それにチームの勝利は懸かっている」

その思いは、セレッソ大阪内定の田平にとっても同様だった。

26分、矢尾板岳斗からのパスを受けた晴山がドリブルでボックス内までボールを運び、フィニッシュに持ち込もうとすると、晴山を追走する田平が行く手を阻み、シュートを打たせなかった。

「おっしゃー!」

会心のワンプレーに、田平は雄叫びをあげていた。

「年代別代表で二度も同部屋になった岬にだけは負けたくなかったので、感情的になってしまった。でもレノファの菊池流帆選手は、相手を止めた後に吠えることがあるし、DFとしても頼もしい存在に見えるので、かっこいいなと。僕が言うのもおかしいですが、技術不足を気持ちでカバーするところをリスペクトしているし、自分の意思を貫き通しているからこそ、山口から神戸にステップアップできたと思います。個人として、尊敬しているんです」

大阪体育大でプレーしていた当時から菊池のパーソナリティーとプレーに注目し、ルーキーイヤーの1年目も動向を追ってきたという。チームの士気も高める田平のふるまいは、リスペクトしている菊池を真似てのものだった。

 

 

試合は前半を終えて、0−0。「しっかりと耐えて、前半を無失点で終えられた」までは良かったが、後半の帝京長岡は「勢いが出てきて、クロスの精度が上がって対応できなかった」。さらに田平にとって、悔しかったのは、晴山にヘディングでの3ゴールを許し、ハットトリックを達成されたことだ。特に晴山の3点目は、田平がクロスボールを被り、背後からヘディングシュートを叩きつけられて決められている。

「前半は晴山に仕事をさせなかったけど、後半はクロスからのヘディングで3点を決められてしまった。得点数はそのままFWの価値に直結するので、この借りはプロで見返してやりたい」

晴山の選手権はこの先も続くが、田平にとっての選手権は終わった。どうせなら、自分たちの行く手を阻んだ帝京長岡に大会を制覇してほしい。それが、敗者としての願いでもある。

「いつも以上に気持ちを込めて試合に入りましたが、岬にハットトリックをされてしまった。それはすごく悔しいけど、岬はこの先も選手権が続くし、長岡には僕たちの思いも背負って優勝してほしい」

選手権が終われば、田平はC大阪で、晴山は町田で、プロとしての第一歩を刻む。両者が属するカテゴリーは違うが、「貪欲なストライカーである岬は、すぐにJ1に来るでしょう」と田平は話し、また近い将来、Jの舞台でマッチアップすることに思いを寄せていた。

Photo&Text by 郡司 聡(Satoshi GUNJI)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック