【サッカーパック人気1位】 新里裕之強化部長の辞任について【ニュース】(19.7.17)

長崎サッカーマガジン「ViSta」

「我々は本気で勝ちに来ていたので悔しいです」【天皇杯2回戦:長崎vs高知】大谷武文監督(高知)記者会見コメント

○大谷武文 高知ユナイテッドSC監督試合後 コメント
「我々はJFL昇格という目標の下で活動している四国にある社会人チーム、高知ユナイテッドと言います。天皇杯は勝ち上がれば勝ち上がるほど、強いチームと試合ができる大会で、今回V・ファーレン長崎と対戦できるということで、高いモチベーションをもって試合に入らせてもらいました。ゲームプランとしては、今日の試合で何か特別なことをやるんじゃなくて、我々がトレーニングで普段取り組んでいるサッカーをアウェイでやるということでした。選手たちが普段やっていることを発揮してくれて、チャンスを作ることができたと思います。まだ試合が終わったばかりなので反省点などは言えないんですけど、選手を良くやったと称えて、高知へ胸を張って帰りたいと思います」

Q:J2チームを相手にしての1-2という結果を、監督はどのように感じていますでしょうか?(高知新聞)
「我々は本気で勝ちに来ていたので悔しいです。ゲーム内容もウチが決めきれていればという所もあるので・・やはり悔しいです」

Q:去年の天皇杯でもアルビレックス新潟と0-0でPK戦の末に敗れていますが、その試合と比べて感じた点は?(高知新聞)
「去年と比べても選手たちが自発的にやれていたし、自分たちの形でボールも奪うことができました。苦しい時間帯でも交代選手も良い集中をもって入ったと思います」

Q:気持ちの強さを感じた試合でしたが?(NIB)
「我々のチームは、午前中にサッカーの練習をやって午後から仕事というメンバーが大半です。それだけに観客のいるところは燃えるのかなと。ピッチもスタジアムの環境も素晴らしくて、それが頑張らせてくれたんだと思います」

reported by 藤原裕久

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック