【サッカー人気4位】アンタッチャブルではない「Jリーグ史上…

長崎サッカーマガジン「ViSta」

【アカデミートピックス】第99回全国高校サッカー選手権 長崎県大会 優勝コメント:江崎智哉選手(創成館高校)「無失点で優勝しようとは話していました。初めての舞台で自分たちらしいサッカーを披露して、少しでも上にいける準備をしたい」

大会を無失点に抑えられたんで良かったと思っています。DFラインとGKとで、無失点で優勝しようとは話していました。夏に同じ形から失点をしたり、FWにたくさん点を取ってもらってたのに負けたりしていたので、迷惑をかけたぶん、無失点でチームを優勝に導きたいと思っていました。

準決勝の国見戦で相手のFWを抑えるのはできたんですけど、ビルドアップの部分が満足できなかったので、今日の試合では、そこを改善したいと思っていました。(岩﨑)雄永に相手がマンツーマンでくるというのは予想していたんで、そこを意識しながら、(吉谷)武やサイドバックとの距離感を大事にして、いつボールを失っても対応できるように準備をしていました。総附の前線3人に力があるのは知っていたし、背後へ走って抜けてくるというイメージを持っていたので、相手がパスを出すと同時にラインを下げて対応したんですけど、そこがうまくいったと思います。

去年の選手権県大会の準決勝は、けがをして出られずに、今年も高総体の代替大会をけがで出られなくて悔しい思いがありました。そのぶん久留監督が就任して10年目という節目の年の選手権に懸けていたし、自分たちのパフォーマンスを最大限発揮できれば、負けないとも思っていました。

選手権予選前に合宿をして、そこでやるべきことを確認して、ボールウォッチャーにならないような声かけなんかも一層そこでやったんですけど、それが結果として出てくれたと思います。創成館サッカー部の歴史で初めての全国大会なので、初めての舞台で自分たちらしいサッカーを披露して、少しでも上にいけるような準備をしたいと思います。

reported by 藤原裕久

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック