『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催

犬の生活SUPER 西部謙司WEBマガジン POWERED BY EL GOLAZO

【試合コメント】J2第27節 千葉2〇1山口 船山貴之「修正する部分がすごく多い試合だった」(取材:EL GOLAZO)

2017明治安田生命J2リーグ第27節
ジェフユナイテッド市原・千葉 2-1 レノファ山口FC
http://jefunited.co.jp/top/matches/2017/0811/result/

フアンエスナイデル監督
最後のプレーのおかげで、とてもエキサイトできた試合だった。このようなゲームは、いままでも何度もあったが、いま一度、サッカーが楽しいものだと証明できた。ただ、できればもう少し苦しまない試合ができれば。もっとゴールを取るチャンスがあったし、ゴールできていれば、落ち着いてプレーできたはずだ。

シュートチャンスを作るだけでなく、決めなければ、意味はない。相手はチャンスを狙っていたので、危うく引き分けに持っていかれるところだった。最後のプレーに関してはチームの強さを示した。いいプレーを出す・出さない、ではなく、気合を示した。努力が実り、あのような報酬を得ても良いと思っている。

(後半、追加点を奪えなかった原因は?)うまく行く日と、うまく行かない日がある。最後のシュートだけの話ではなく、スルーパスやその前のパスが、うまく行かなかった。決めていれば、ゴールという状況はたくさんあった。そういう意味では感覚が研ぎ澄まされてなかった。ただ、前半は苦労したが、後半はうまく行った。

FW 8 清武功暉
無失点で終われるのが一番だが、失点をしてしまって、いい終わり方ができなかった。警戒する形でやられたのはもったいし、チームとして課題だが、なによりホームで勝てたのが大きい。次もホームでできるし、絶対に負けられない。ホーム無敗を継続したい。

(決勝点のシーンを振り返って)ドゥ(近藤直也)さんが(前線に)上がってきて、やるプレーははっきりしていた。タメ(為田大貴)がいいボールを上げたし、ドゥさんが折り返すのは分かっていた。柔らかいいいボールを落としてくれたので、僕は当てるだけだった。ラッキーと言えば、ラッキーだが、薄く当てようとして、うまく流し込めた。

MF 10 町田也真人
前半に比べれば、後半は(スペースが)空いてくるとは思っていた。前半のうちにどこが空いているか分かったので、それを詰めて「後半、1点は絶対入る」という話はしていた。その中で、1点取れたのは良かったが、その前もその後も決めないと結局、苦しい展開になるとあらためて感じた。

(一方で)絶対(勝点)3取らないといけないと思っていたので、本当に良かった。苦しかったけど、一発を決め切る選手がいるのは心強い。いままで追い付かれると、いい流れに持っていけてなかったが、(チームとして)いい方向に進んでいる。最近はDF陣が頑張ってくれているので感謝したい。

FW 11 船山貴之
(後半、バーに当たった)ループシュートは入ったと思ったが……。あそこで決められれば、試合がもっと楽に運べた。いま得点できていないというのは事実なので、ほかに貢献できるといえば、プレスをしなければいけない。得点は欲しいが、それができない時に何ができるかを考えないと。

きょうは(ボール)ロストが多く、修正する部分がすごく多い試合だった。自分たちが良くない時間帯にどう試合を運び、どう大事にボールをつないでいくか、意思統一しないといけない。このままでは(次節対戦する)湘南(ベルマーレ)には痛い目に遭う。短い期間で修正していきたい。

次のページ

1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ