犬の生活SUPER 西部謙司WEBマガジン POWERED BY EL GOLAZO

#フアンエスナイデル 監督「2つのバージョンが見られた」【試合後コメント】#為田大貴 #佐藤優也 #鈴木政一 監督 #渡邉新太(取材:EL GOLAZO)

フアンエスナイデル監督
(チームに)2つのバージョンが見られた。前半は(町田)也真人のケガでプランが狂ったところを修正したにもかかわらず、良かった。先制点を決めたし、点差を広げるチャンスもあった。ただ、そこで決定力はなかった。後半は入りが良くなかった。後ろに下がってしまったし、ボールを簡単に失ってしまった。ロングパスを多用したのは、やりたいことでなかった。それが自分たちの得意でもない。もちろん相手にもうまい選手がいるが、主導権を握らせてしまった。せっかくの先制点を守り切れず、彼らはシュートチャンスがあった時にはゴールを決めた。そういう意味で結果は公平だ。

MF 13 為田大貴
後半の入りは良くなかった。バックパスがすごく増えた。前半は押し込んだ後に、高い位置で回していたのが良かったが、低い位置でバックパスが増え始めると、結局、間延びしてしまった。GKが蹴らないといけない状況になると、セカンドボールがどんどん拾えなくなる。つなぐ位置が低いと、流れが悪くなる。前半に関してはハーフラインを越えたぐらいで押し込むボールを入れ、みんなでプレッシャーを掛けて拾えていた。(ゲームの)入りはアバウトでも前に行く姿勢を見せた方が良かった。

(先制点のアシストを振り返って)(マークに付いていた)2人とも(フェイントに)引っかかり、気持ちが良かった。ホアキン(ラリベイ)が最近、そんなにゴールを挙げられてなかったし、プレーも良くないと自分で思っていたと思うので、ホアキンが決めてくれて、すごくうれしかった。アシストもうれしかったが、ホアキンが決めてくれたことがすごく大きかった。

GK 23 佐藤優也
(後半は)セカンドボールを拾う、拾わないのところで後ろも重たくなってしまい、ラインを上げ切れなかった。ロングボールに対してのセカンドボールに力を入られなかった。

(ホームとアウェイでGKの起用が変わっているが?)ホームでやる時は自分が割と得意とする部分で戦える。前からガンガン行ってそのスペースを埋めるというのを求められているし、自分の仕事をやり切ろうという思いでいる。そこまで深くは考えていない。アウェイの戦い方、ホームの戦い方で難しくなってくるが、割り切ってやっている。監督の言うことにしっかり対応できるのがいい選手。求められた選手として対応し、結果を出していきたい。

次のページ

1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック