JリーグにやってくるFC今治に気になる存在がいる(J論)

フットボールフィリピン

コパパウリーノアルカンタラ|U-22代表が招待参加、リーグ途中棄権のグローバルは除外

国内リーグカップ戦(コパパウリーノアルカンタラ2019)の組み合わせ抽選会が20日に行なわれ、大会に出場するチームと組み合わせが確定した。

この大会には、フィリピンフットボールリーグの7チームと招待チームの計8チームを、4チームずつふたつのグループに分け、グループ上位2チームが準決勝に進出するフォーマットが先月発表されていたが、抽選会に先立ち、リーグ戦を途中棄権したグローバル・マカティの大会からの除外と、SEA Games 2019 に出場するフィリピンU-22代表チームの参加(招待)が発表され、最終的に7チームによって争われることとなった。

【コパパウリーノアルカンタラ2019】

〈A組〉

セレス・ネグロス(リーグ1位)

メンディオーラ(リーグ5位)

グリーン・アーチャーズ(リーグ4位)

フィリピンU-22代表(招待参加)

〈B組〉

カヤ・イロイロ(リーグ2位)

フィリピン・エアフォース(リーグ6位)

スタリオン・ラグーナ(リーグ3位)

〈試合日程(会場と時間は未定)〉

10月26日

A組|セレス・ネグロス vs メンディオーラ

B組|カヤ・イロイロ vs フィリピン・エアフォース

10月27日

A組|グリーン・アーチャーズ vs フィリピンU-22代表

10月30日

A組|セレス・ネグロス vs フィリピンU-22代表

A組|メンディオーラ vs グリーン・アーチャーズ

B組|フィリピン・エアフォース vs スタリオン・ラグーナ

11月6日

A組|セレス・ネグロス vs グリーン・アーチャーズ

A組|メンディオーラ vs フィリピンU-22代表

B組|カヤ・イロイロ vs スタリオン・ラグーナ

11月10日

準決勝2試合

11月16日

決勝

photo via philippines football league

この大会の優勝チームには、フィリピンの第2代表チームとして来シーズンのAFCカップ本大会の出場権が与えられるが、既にリーグ戦を制し第1代表が確定しているセレス・ネグロスと、招待チームのフィリピンU-22代表にはその権利がない。また、AFCカップに出場するためにはAFCクラブライセンスが必要だが、現時点でライセンスを取得しているのは、セレス・ネグロスとカヤ・イロイロ、そしてこの大会から除外されたグローバル・マカティ(旧称セブのライセンス)のみとなっている。

もしこの大会をセレス・ネグロスが制した場合は、リーグ戦2位のチーム(カヤ・イロイロ)に第2代表の権利が与えられ、フィリピンU-22代表が優勝した場合は、この大会の準優勝チームに与えられる。よって、仮にセレス・ネグロスとフィリピンU-22代表が決勝に進出した場合は、その時点でカヤ・イロイロのAFCカップ本大会出場が確定する。

昨年から大会名称をコパパウリーノアルカンタラに改めたリーグカップ戦だが、この名称はかつてスペインのFCバルセロナで大活躍した、フィリピンサッカー史上最大の英雄であるパウリーノ・アルカンタラの名前を冠している。英雄アルカンタラの功績などについては、いずれ「編集長コラム」の中で紹介したい。

フィリピン国内ではかつて全国トーナメントが開催されていたが、旧ユナイテッドフットボールリーグの開始と同時にリーグカップ(UFLカップ)が開催されるようになり、近年はプロとアマ、学生チームなどが混在する大会(日本の天皇杯に相当)は開催されていない。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック