【サッカー人気2位】大槻監督が重要視したゲームストーリーと…

デジタルピヴォ! プラス

無料記事[Fリーグ2016/2017第7節]ぺスカドーラ町田・岡山孝介監督「オフェンスもディフェンスも高いレベルでこなしてくれた選手たちに感謝します」(2016/8/1)

 

SuperSports XEBIO Fリーグ2016/2017 第7節
アグレミーナ浜松 0-5 ぺスカドーラ町田
2016年7月31日(日) 浜松アリーナ 観客数:1,018人
[得点経過]
0-1 04分01秒    町田  7 金山友紀
0-2   08分33秒    町田  7 金山友紀
0-3   17分08秒    町田 10 森岡薫
0-4   31分07秒    町田  8  滝田学
0-5   37分42秒    町田  8  滝田学

 


ぺスカドーラ町田はホーム2連勝に続いて、今節のアウェイゲームでの勝利により3連勝となる。今シーズン初の失点ゼロの完封勝利で暫定順位は6位から3位に浮上する。

 

 


試合はまず、金山友紀選手が早い時間帯に鮮やかな先制ゴールを決める。背後から来たイゴールのロングスローをペナルティエリア少し前でボレーキックで合わせたスーパーシュートであった。

 


8分16秒、町田・森岡薫選手がイゴール選手・森谷選手・金山選手・篠崎選手とのセットでぺスカドーラ町田として初めてピッチに足を入れる。その17秒後にファーへの強烈なシュートパスを金山友紀選手がきっちりと詰め、森岡選手はアシストを記録する。

 


17分には森岡選手が自らゴールを決めて前半を3-0で折り返す。

 


前節アウェイゲームでケガから復帰をし、今節はホーム初出場であった浜松・大野一輝選手が30分9秒に2枚目のイエローカードで退場となり、数的有利になった町田はすばやいパス回しから滝田学選手がフィニッシュを決める。

 

 

 


試合終了間際の37分にも逆サイドの森岡選手からのパスを滝田学選手が決め、町田は5-0で好調浜松を下した。

まとめ◆デジタルピヴォ! 古澤

 

以下は、
岡山孝介監督金山友紀選手の記者会見と質疑応答。

試合を振り返って。

岡山孝介監督
「お疲れ様です。いい試合をして勝つことができてよかったです。オフェンスに関してもディフェンスに関してもやろうとしていたことを高いレベルでこなしてくれたので本当に選手たちには感謝をしています。リーグの序盤は苦しみましたが、徐々にチームはよくなっていっているので、もっともっとよくなるようにこれからも練習を頑張っていきたいと思います」

 

金山友紀選手
「アウェイの地でしっかり勝ち切れて帰れるというのは一番だと思います。チームとしては久しぶりに失点ゼロで勝ち切れたということはすごく大きいと思いますし、今日は新しい選手、というか、ケガから復帰をした選手も含めて本当にチームが一丸となって戦えていたと思うので誰がメンバーに入る入らないは関係なく、本当に入ったメンバーでしっかりと一丸となって勝ち切ることが大事ということを今日の試合で体現できたと思いますし、今日の試合に出ていたメンバーはそれを感じ取れたと思うので、その気持ちを次につなげていきたいと思います」

 

以下は質疑応答となる。

Q:今日は全体的に浜松がガツガツと守備にいって、町田がいなすというスタイルだったと思います。そのへんの印象はいかがでしょうか?

岡山:そうですね。今季の浜松はどの試合を観ても本当にパス回しもよくて、今おっしゃられたようにディフェンスもすごいいいですし、切り替えも速く、すごく警戒して臨んだ試合でした。その中で、プレッシングに対してのパス回しはうちのチームがやろうとしていたことはある程度こなせたかなと思っています。ただ、やはり、選手たちが余裕持って、本当に高いレベルの状況判断でプレイしてくれたおかげだと思いますので、今日は本当に選手たちのお陰です。

Pivo!:全体的に集中していましたし、パス回しも判断速く、パススピードも速く、守備も連動していました。試合の振り返りでもありましたが、チームの完成度は高まっていていますか? また、いい練習ができているのかな? という印象を受けました。

岡山:そうですね。いい練習ができています。今日の試合のみんなの動きを見てもらえばわかると思うのですが、練習どおりのプレイをしてくれたと思いますし、そこには満足しています。ただ、完成度に関しては細かい部分でたくさん修正しないといけない部分があるのでよくはなっていますが、そこは地道に積み重ねていかないといけない部分だと思っています。

Pivo!:町田にはスペシャリストがたくさんいますが、森岡選手はその中でも特に個人技術能力の高い選手だと思います。今日は町田移籍後初の公式戦デビューとなりました。森岡選手の今日の出来と今後期待するところはいかがでしょうか?

岡山:今日は本当によくやってくれたと思います。ある程度前に張れる選手が町田にはそこまで多くはないので、そういう中で前で起点をつくってプレイをすることです。町田はパスが出せる選手は多いので、そこをしっかり合わせていければもっといい形でボールが入ると思いますし、それができれば新しいバリエーションも増えてくると思います。今日はその足がかりになったのではないかなと思います。

Pivo!:先制点を早い時間帯で決めれたことは大きかったと思います。後ろからのイゴールのスローが背中から来たのを金山選手がボレーキックで合わせました。ロベルト バッジョをほうふつとさせるスーパーゴールでした。あのシーンを振り返ってください。

金山:自分はゴレイロがボール持ったときに切り替え速く、出ていけるチャンスがあればいつも狙っています。その中でイゴールのボールの精度がすごいよかったのと、自分としてもうまく合わすことができて、いいゴールだったとは思います。ありがとうございます。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック