田代有三はなぜオーストラリアでセカンドキャリアをスタートさせたのか?(J論)

デジタルピヴォ! プラス

無料:ヴィンセドール白山のブレずに進む信念[F2第3節]

2019年7月21日、北九州
(PHOTO,TEXT・佐藤功)

Fリーグ2019/2020ディビジョン2 第3節
ヴィンセドール白山 0-11 Y.S.C.C.横浜
2019年7月21日(日)北九州市立総合体育館 観客数:399人

[得点経過]
0-1 03分12秒 Y.S.C.C.横浜 8 宿本諒太
0-2 16分49秒 Y.S.C.C.横浜 2 高橋健
0-3 17分24秒 Y.S.C.C.横浜 8 宿本諒太
0-4 29分33秒 Y.S.C.C.横浜 15 廣戸大志
0-5 30分51秒 Y.S.C.C.横浜 9 栗林大地
0-6 32分48秒 Y.S.C.C.横浜 2 高橋健
0-7 33分03秒 Y.S.C.C.横浜 3 伊藤玄
0-8 33分45秒 Y.S.C.C.横浜 1 鈴木陽太
0-9 34分11秒 Y.S.C.C.横浜 8 宿本諒太
0-10 37分39秒 Y.S.C.C.横浜 88 樋口未樹也
0-11 37分50秒 Y.S.C.C.横浜 8 宿本諒太

▼少数精鋭の9名

何人かの選手が去ったヴィンセドール白山は、北九州に9名で乗り込んできた。そして、昨年と同じようにY.S.C.C.横浜に2ケタ失点をし、昨年と同じように最後まで折れず挑み続けた。

ブレずに続けていく。ヴィンセドール白山は、変革の時をアグレッシブに前を向いて進んでいた。

▼シンプルが一番難しい

中島涼太 ヴィンセドール白山・監督

結果はご覧の通りですけど、純粋に自分たちの力が僕としてもチームとして足りなかったのがすべてだと思います。ただだからと言ってやり方を変えてガラっと違う風にというつもりはないですし、今やっていることを積み重ねることでしか勝利はつかみ取れないと思いますし、さらに努力を重ねていきたいと思います。

――ゲームにあたってどういった指示をされたのでしょうか?

中島 失点を重ねたのは、あくまで受けに回る戦法は取らずにアグレッシブに行ったからこそ裏のスペースが空いて、そこをワンツーだったりカウンターなどシンプルにいかれたことが主で、強度の問題や高いプレッシャーのなかでいかに落ち着けるかというところで差があったと思います。ただ僕たちはあくまでボールをアグレッシブに奪いに行って、自分たち主導でディフェンスを、リアクションではなくアクションをディフェンスもオフェンスも含めて行っています。失点がかさんだのは僕の指示でもあるので、そこをしっかりと改善していきたいと思います。

――次節に向けて修正すべき点を一つ上げていただくとすればどういったことでしょうか?

中島 一つでは難しいです。修正よりも肉付けをしていかないといけない、直すよりもつけていかないといけないと思います。今の強度では足りませんし今の技術では足りませんけど悲観的になる部分は多くはなく、成功例も多々ありますので試合を重ねることで大きくなっているので、失点は重ねてはいますがやっていることが形になっている部分もあります。直すよりもすべてにおいて加えていきたいと思います。

――クアトロから3-1のピヴォを置く形に変わったことで、その浸透度が足りないということでしょうか?

中島 いえ、僕のシステム自体もあってないようなもので、選手たちの自由な発想を重んじて大きな枠しか与えていないので臨機応変にやってもらえるようにしています。そのなかで、シンプルが一番難しい。選手たちは素晴らしいポテンシャルを持っています。力を付けていかないとチームは強くならないので、今の選手にシステムを当てはめるつもりはなく、彼ら一人一人がシステムであり彼らが伸びれば彼らの武器も広がりますし、大事な選手たちが伸びてくれれば攻撃の幅が広がると思います。

――また若手の台頭がほしいところだと思いますが、いかがでしょうか?

中島 若手の台頭もありますけど、若いからといってということでもありませんので、今現在いる選手たちがどれだけ努力して今の状況をポジティブに次につなげられると思います。それが石川県や北信越の若い子たちにいい影響になれば、そういったサイクルになると思いますので、今目の前のものを足元をしっかり見て力を付けることがつながってくると思いますので、続けていきたいと思います。

渡邊一城 ヴィンセドール白山

全力で勝ちにいってこういう結果になってしまいましたけど、やっていることは間違っていないのでブレずに、残り11試合あるのでやっていきたいと思います。

――厳しいゲーム展開でボールが取れず自陣で防戦一方でしたが。

渡邊 やっている僕らとしては攻められっぱなしとは思っていなくて、やってはいけないことを23回やって前半は3失点をしたような。確かに押し込む回数は少なかったですけど、ボールをある程度保持てきたところはあったので、全部やられたとは思っていません。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック