【サッカー人気2位】【嶋コラム】阿部要門の背中を押した山形…

仙蹴塵記

仙蹴塵記とは

※有料版は2/10スタート予定です。

ようこそ、『仙蹴塵記』へ。
ここはフリーランスライター板垣晴朗が、ベガルタ仙台の話題を中心に、日々の出来事を発信する場です。
普段はフットボール専門新聞EL GOLAZOや、Jリーグ公式ファンサイトJ’s GOALなどで、ベガルタ仙台を中心としたニュース記事やコラムを執筆しております。が、そこで紹介しきれないようなこぼれ話、なんでもないようで実は大切な日々の積み重ねの話を、発信する場所として設立いたしました。

マガジンの名称は

仙台を中心として、仙台発の
蹴球に関連した話題を扱う
塵のように日々集め積み重ねてきた題材を
記す場所

というものです。

・練習場から(練習日関連、練習場やキャンプ地でその日の目に留まったもの)
・ホームタウンから(サッカー教室などチーム行事、クラブ行事レポート)
・試合会場から(試合日関連、試合後選手コメントやポイントを絞った試合レポート)
・道中から(上記に当てはまらない雑記中の雑記)

を、ぜひお楽しみください。

板垣晴朗 プロフィール

1974年1月8日山形県山形市生まれ、宮城県仙台市育ちのみちのくひとりダービー。ブランメル仙台時代から試合観戦に赴き、2004年からはライターとして活動。仙台を拠点に、Jリーグ、なでしこリーグ、JFLなどの現場に赴く。オフには大学院時代までの研究テーマで縁のあるドイツに渡る。EL GOLAZO、J’s GOALなどで記事執筆。著書に『在る光 3.11からのベガルタ仙台』(スクワッド EL GOLAZO BOOKS)『いたずらっ子 ベガッ太参上』(執筆協力、実業之日本社)など。

« 次の記事

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック