『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催

「スタンド・バイ・グリーン」海江田哲朗

【無料記事】【フットボール・ブレス・ユー】第16回 手を振って別れた(17.1.22)

第16回 手を振って別れた

昨年12月某日、クラブハウスでぶらぶらしていた僕は、「こんにちは」の声に振り返った。菅嶋弘希だった。2016年はジェフユナイテッド千葉に期限付き移籍。今後についてクラブと話し合うため、久しぶりに里帰りしたという。

「千葉では自分のことをゼロから見てもらえ、いままで気づかなかった長所や短所を教えられました。もちろん、ヴェルディで得たことは大切です。そのうえで自分を見つめ直し、新しい発見に恵まれた1年でした」

2016シーズン、菅嶋は千葉で11試合に出場した。他人の飯を食うことでひと回り大きく成長したのは、引き締まった表情からも見て取れる。新たな環境でどう過ごしたかは、ここに詳しい。

「自分が必要とされるチームでやりたい。選手としては、それが一番だと思うので」

そう語った菅嶋の期限付き移籍期間延長が発表されたのは12月27日。今年こそはお預けとなっているプロ初ゴールを叩き込んでもらいたい。

年末年始、選手の移籍先が続々と発表された。

横浜F・マリノスから期限付き移籍で加入していた鈴木椋大は、ガンバ大阪に完全移籍となった。南秀仁はモンテディオ山形、杉本竜士は名古屋グランパス、ウェズレイはブラジル・ゴイアス州のアナポリスFCへ。今季限りで契約満了となった楠美圭史は、FC今治が獲得した。FC岐阜に期限付き移籍していたポープ・ウィリアムは、川崎フロンターレに再び期限付き移籍。育成型期限付き移籍でグルージャ盛岡に所属した郡大夢は、同様の形式でG大阪U-23に加入することになった。

「千葉のスーツなんですが、大丈夫ですかね」と言いながら写真に収まった菅嶋弘希。たまたま通りかかった竹中百合広報から「シュッとしたねえ。うん、シュッとした。いい感じだよ」と高評価を受けた。

「千葉のスーツなんですが、大丈夫ですかね」と言いながら写真に収まった菅嶋弘希。たまたま通りかかった竹中百合広報から「ヒロキ、シュッとしたねえ。うん、シュッとした。いい感じだよ」と高評価を受けた。

次のページ

1 2 3 4
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ