【サッカー人気1位】【聖籠ノート】~信頼回復に向けて~

「スタンド・バイ・グリーン」海江田哲朗

【無料記事】【フットボール・ブレス・ユー】第21回 ベレーザは飛んで行く(17.5.24)

第21回 ベレーザは飛んで行く

2017プレナスなでしこリーグ1部、第9節の時点で首位を走るのは日テレ・ベレーザ。今年も優勝候補の筆頭に挙げられる。

昨季、ベレーザはなでしこリーグとリーグ杯の2冠を達成。皇后杯全日本女子サッカー選手権大会はベスト4。阪口夢穂が2年連続で最優秀選手賞を受賞した。

今季もまた頂点に立てば、3年連続15度目のリーグ制覇を成す。黄金時代の再来と言っても過言ではなかろうが、はた目にはずっと黄金時代だ。過去10年、優勝5回。それ以外はすべて2位である。

育成組織から築き上げたチームの横糸が緊密に張りめぐらされ、ベテランから若手へと受け継がれる縦糸も太い。強いに決まっている。この縦糸と横糸の関係がチームづくりの基本だ。継続的に成果を出せるだけの仕組みが出来上がっている。

当然、女子日本代表にも数多くの選手を輩出。2017年、ベレーザからなでしこジャパンに招集された選手を列挙する。FW田中美南、籾木結花。MF阪口夢穂、中里優、隅田凜、長谷川唯。DF有吉佐織、GK山下杏也加。各ポジションからまんべんなく選出されているのが、レベルの高さの証明だ。

5月7日、なでしこリーグ1部第7節、ノジマステラ神奈川相模原戦は、スコアレスドローに終わった。PKのチャンスを逸し、ゲーム終盤は猛攻撃を加えて相手をサンドバック状態にしたが、とうとうゴールを割れなかった。

森栄次監督は言う。

「思ったより、相手のマンツーマン気味のマークに苦しみましたね。ゴール前まではいけたが、最後を崩し切れなかった。サイドからゲームをつくっていた有吉の不在(故障で長期離脱)がやや響いているかな。チーム全体のゴールに向かう力が試されているように思います」

今季、よりチーム力を高めるために、もうひと伸びを期待するのはどのあたりか。

「長谷川、籾木、隅田、彼女たちの世代がチームを引っ張っていけるようになれば。トレーニングの姿勢を見ても、自分たちがやるんだ、という自覚は感じます」

フリーキックの場面。左から籾木結花、隅田凛。

フリーキックの場面。左から籾木結花、隅田凛。

ベレーザを指揮する森栄次監督。

ベレーザを指揮する森栄次監督。

次のページ

1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック