「スタンド・バイ・グリーン」海江田哲朗

【トピックス】『SBGヒーロー2017』総評・後編(17.12.14)

きてくれて助かったという声の多かった橋本英郎。

きてくれて助かったという声の多かった橋本英郎。

僕と田中直希(『エル・ゴラッソ』東京V担当)でお送りしてきた『SBGヒーロー2017』の総評。開始から1時間半を過ぎた頃、『2017 Jリーグアウォーズ』@横浜アリーナの取材を終えた前担当の林遼平(『エル・ゴラッソ』川崎・湘南担当)より、「いまから渋谷に向かいます。お腹ぺこぺこ」とかわいこぶった連絡が入った。

※前編はこちら。一ヵ所、柴崎貴広選手のところで、投票者名を入れ忘れているところがありました。「ベテランでも成長できることを証明した」(@Shingo1209Verdy)。ごめんなさいね。

■示唆に富む言葉の数々

海江田「林くんを待ちつつ、ランク外の選手を順不同で見ていきましょう。橋本英郎には2位以下でかなり票が入っています」

田中「ですね」

海江田「実際、橋本さんいてくれて助かった。よくわかんないゲームだなあってとき、うまくいかなかった要因を中心に構造を解き明かしてくれる」

田中「でも、全部は言わない。100のうち、70くらいまでは説明してくれるけど、解釈の余地を残す」

海江田「そう、一部をほのめかす程度にとどめ、あんたも考えなさいよと。絶対、いい指導者になるに決まってんじゃん」

田中「橋本さんの示唆といえば、夏、鈴木啓太さんの引退試合に出たときに訊いたんですよ。何か収穫というか持ち帰ってきたものはありますか、と。すると橋本さんは『啓太はヒゲをカッコよく整えるためにカッターナイフを使っている。以来、自分も同じようにしていますね』と話されて」

海江田「うん」

田中「あ、これは遠回しに、自分のむさ苦しいヒゲのことを指しているのかな、と思っちゃいましたね」

海江田「社会人として、身だしなみは大事だぜって?」

田中「はい」

海江田「だとしたら、怖えよ。そこは遠回しじゃなくて、ビシッと言ってほしい」

(残り 9230文字/全文: 10067文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

1 2 3 4 5
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ