【サッカー人気3位】17分の興梠とGK梶川が交錯したシーン…

宇都宮徹壱ウェブマガジン

宇都宮徹壱ウェブマガジン「ただ今準備中!」2月後半戦!(編集部・森衿子)


  2月8日、FUJI XEROX SUPER CUPが開催され、いよいよJリーグ開幕のカウントダウンが始まりました。また、同日夜、東京・渋谷で開催された宇都宮徹壱WMプレゼンツ「2020Jリーグマスコットを語り尽くす」は満員御礼の大盛況! 当日はサプライズゲストとして金沢からヤサガラスが登場。さらにJリーグから村井チェアマンも、お忍びでご来場され、驚きと喜びと笑いに包まれた一夜となりました。

  イベント時に結果発表となりましたWMマスコット写真大賞は、愛知県のふろぽんさんが受賞。「ぬい撮り賞」のたゆきよさん、「平ちゃん賞」のhiraさんもおめでとうございます! ご応募いただいた写真全てに「うちの子一等賞」を贈りたくなる素敵な写真ばかりで、悩みに悩んだ選考でした。たくさんのご応募、ありがとうございました。

 ご来場いただいた皆様、写真大賞にご応募いただいた皆様、ご協力いただいた皆様のおかげで、このように今年も楽しいイベントを開催することができました。改めてお礼申し上げます。ツイッターでは「#WMJMascot」のタグを使い、多くの方が実況もしてくださいました。気になる方はこちらもチェックしてみてくださいね。

 さて、2月後半の予告です。第3週は、栃木SCマーケティング戦略部長のえとみほさん、そして「マリノスケ命!」の横浜F・マリノスサポーターのささゆかさんが登場。昨年はシーズンを通してフロント業務にフルコミットしたえとみほさん、そして最近はライターとして積極的な発信を続けているささゆかさん。このおふたりが顔を合わせると、果たしてどんなお話が飛び出すのでしょうか? 

 そして第4週はバルサ好き、あるいはスタジアム建設に関心のある方、必読です。来年の2021年に大規模改修を終える予定のカンプ・ノウ。その設計を受注したのは、日建設計でした。その受注に至るまでの経緯は、過去にもメディアに取り上げられていましたが、そもそもなぜ日本の設計事務所がカンプ・ノウ改修のコンペに参加することになったのでしょうか? 今回、そのキーパーソンへのインタビューを、満を持してお届けします!

 昨年末からの新型コロナウイルスの流行で、日本でも経済活動はもちろん、スポーツをはじめとする興行にも徐々に影響が出始めました。一方、アメリカでは過去10年間で最悪のインフルエンザ大流行で、死者が1万人を超える事態になっています。いずれもこまめに石けんと流水の手洗い、またはアルコール手指消毒剤を用いた手指消毒を行い、手を清潔に保つことが一番の予防です。そして疲労とストレスを溜めすぎないようにして、感染をストップさせましょう。私は今、花粉症の方が辛いですが(笑)、皆様もどうぞご自愛くださいね。

 それでは2月後半も宇都宮徹壱WMをよろしくお願いいたします。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック