【サッカー人気5位】リカルド監督「大事なのは次のステージに…

フットボール タイランド

横浜F・マリノスがタイ代表の左SBティーラトン獲得を発表! 今季も複数のタイ人選手がJリーグでプレー【日泰移籍情報】

ティーラトンの横浜F・マリノス移籍を速報で伝えるタイメディア

「横浜に加入でき、非常にうれしい」

J1の横浜F・マリノスは16日、昨季ヴィッセル神戸でプレーしたタイ代表DFティーラトンが期限付き移籍で加入することが内定したと発表した。

同選手は横浜の公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。

横浜F・マリノスに加入することが出来、非常に嬉しい気持ちでいっぱいです。クラブの勝利のために、日々のトレーニングから自分自身のベストを尽くしていきたいと思います。ファン、サポーターの皆さん、熱い応援を宜しくお願いします。

<ティーラトンのプロフィール>
■ポジション:DF
■出身地:タイ
■生年月日:1990年2月6日(28歳)
■身長・体重:171cm/62kg
■経歴:アサンプションカレッジ→ラパチャFC→ブリーラム・ユナイテッド→ムアントン・ユナイテッド→ヴィッセル神戸
■国際Aマッチ出場:56試合(5得点)

新シーズンも複数のタイ人選手がプレーするJリーグ

精度の高い左足のキックを武器に、昨季は神戸でJ1リーグ28試合に出場したティーラトン。昨年末にレンタル期間満了につき神戸を退団することが発表されたが、タイではここ数日、ティーラトン自身がSNS上で「人生における大きな挑戦をもう一度」といった趣旨の投稿をしたことをきっかけに、新たなシーズンもJリーグでプレーするのではないかという噂が急激に広まっていた。現地メディアでは川崎フロンターレや松本山雅FCの名前も挙がっていたが、ティーラトンにとって新たな挑戦の場は横浜となった。

これで、今季のJ1でプレーすることが確定しているタイ人選手は北海道コンサドーレ札幌のチャナティップに続いて2人目。J2、J3も含めると徳島ヴォルティスに加入したMFチャキットバンコク・ユナイテッドとのクラブ間提携を背景にFC東京に期限付き移籍したU-23タイ代表FWナタウット(FC東京U-23でのプレーが予想される)に次いで計4人目となる。タイメディアではタイ代表MFティティパンの大分トリニータ入りも有力視されており、新たなシーズンもJリーグで複数のタイ人選手がプレーする状況は続きそうだ。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ