【サッカー人気1位】酷い風雨の中、1年前とは違うと感じたも…

フットボール タイランド

2019Jリーグキックオフカンファレンス、タイ人選手レポート。チャナティップ、ティーラトン、ティティパンのJ1タイ人トリオが勢ぞろい!(無料記事)

(C)Football Thailand

2019Jリーグキックオフカンファレンスには、今シーズンJ1でプレーする3人のタイ人選手、チャナティップ(北海道コンサドーレ札幌)、ティーラトン(横浜F・マリノス)、ティティパン(大分トリニータ)も登場。その模様を、タイ人選手を中心にレポートする。

大分新加入のティティパンも「追加」で登場

基本的に1クラブから1選手が参加して行われる「キックオフカンファレンス」。当初より北海道コンサドーレ札幌からはチャナティップ、横浜F・マリノスからはティーラトンと2人のタイ人選手が参加することは伝えられていた。だが、メディアルームに着くと「追加選手」として大分トリニータに新加入のタイ代表MFティティパンの名前があり、今シーズンJ1でプレーするタイ人選手トリオが勢ぞろいすることとなっていた。

昨シーズンはJリーグベストイレブンに選出される活躍で札幌の4位躍進に大きく貢献したチャナティップ。壇上では「今シーズンの目標はACLに出ること。タイトルも獲得したい」と、自身Jリーグ3シーズン目へ向けて意気込みを語った。

(C)佐藤功

開幕カードの対戦相手、湘南ベルマーレの杉岡大暉とがっちりと握手。

(C)佐藤功

昨シーズンはヴィッセル神戸でプレーしたティーラトンは、横浜F・マリノスのユニフォームに袖を通してJリーグでの2シーズン目を迎える。「自分自身も成長して、チームの順位を昨年より上げることに貢献したい」と新天地での抱負を語った。

(C)佐藤功

横浜F・マリノスの開幕カードの相手はガンバ大阪。ガンバを代表して登場した日本代表DF三浦弦太と。

(C)佐藤功

大分トリニータ新加入のティティパンは壇上には登場しなかったが、各クラブブースでの自由取材の時間から姿を見せた。

(C)Football Thailand

タイからのメディアの質問に、笑顔で答えるティティパン。

(C)Football Thailand

ティーラトンは昨シーズンの神戸で成長した点、横浜への移籍を決断した理由、タイ代表として戦ったアジアカップについてなど、真剣な表情で語る。

(C)Football Thailand

長時間の取材対応にお疲れ気味のチャナティップだったが、タイメディアの取材にはリラックスした表情を見せていた。

(C)Football Thailand

最後は3選手そろってタイのファンへ向けたメッセージ。

(C)Football Thailand

「アジア戦略」を推し進めるJリーグが待望してきたタイ人Jリーガーが誕生して3シーズン目。昨年のチャナティップの大ブレイクによって、「戦略」は見事に実を結びつつある。今季もJリーグはタイ人3選手をこの場に登場させ、そこに多くのタイメディアが詰めかけた。2019年のサッカー界も、日本とタイの関係がさらに深まりそうな予感をさせる「Jリーグキックオフカンファレンス」だった。

※ティティパンのインタビューはこちら

※ティーラトンのインタビューはこちら

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ