『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

【ニュース】栃木SC AS CASAから二戸将を完全移籍で獲得。

レフティ、左サイドは前後でプレー可能。横山雄次監督の秋田時代の教え子。

 

栃木SCは11日、AS CASAから二戸将を完全移籍で獲得したと発表した。

以下、クラブを通じた本人のコメント。コメント、データなどはクラブオフィシャルから引用。

 

「この度、栃木SCに加入することになりました、二戸 将です。栃木SCに関わる全ての方々に感謝の気持ちを持ち、J2昇格に貢献できるよう全力で戦いたいと思います。応援をよろしくお願いします」

 

【ポジション】DF
【生年月日】1989年5月5日(27歳)
【出身】大阪府
【身長/体重】170cm/65kg
【経歴】ガンバ大阪Jrユース → ガンバ大阪ユース → びわこ成蹊スポーツ大学 → ブラウブリッツ秋田 → MIOびわこ滋賀 → ヴェルスパ大分 → AS CASA
【出場記録】

 

レフティで左サイドを主戦場とする選手。12年には秋田で横山雄次監督の下で主力として活躍した。ガンバのジュニアユース、ユースを経た後、JFLを主戦場としながら昨季は栃木県1部リーグのAS CASAでプレーしていた。昨季は横山雄次監督の下、広瀬健太、宮崎泰右、島川俊郎らかつての教え子たちが活躍の場を見出したが、二戸将は自身初となるJ3の舞台でどれだけ輝けるか。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ