「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

【無料記事】【レポート】栃木SC 2018必勝祈願祭を開催。

28日、栃木SCは二荒山神社で今季の必勝祈願祭を開催した。

午前9時半、選手たちが二荒山神社の本殿に足を進めて、今季の必勝を願って祈祷した。その後、後援会の皆さんと交流した選手たちが宇都宮市バンバ市民広場に姿を現したのは12時頃。多くのファン・サポーターが待つ広場に向かって選手たちが歩みを進める。

(写真は編集部スタッフ)

(写真は編集部スタッフ)

杉本さんと目が合う。

冒頭、橋本大輔社長からファン・サポーターに向けて挨拶があった。今季は栃木SCがJリーグに参入して節目となる10年目を迎える。

「このクラブはJリーグに加入して10年目を迎えます。本当に皆さんと一緒に色々な経験をさせていただきました。その節目となる今季をいい年にして、皆さんと一緒に栃木を盛り上げていきたいと思います。1年間、色々なことがあると思いますがみんなで頑張っていきましょう。よろしくお願いします」

その後、今季の1st2ndのユニフォームを披露。モデルとなった選手たちは写真のとおり。

2ndユニフォームは映えるピンクに。

 

その後はファンとの交流タイムに。

さすがに長蛇の列となったのは背番号9、大黒将志。大黒は写真やサインに気さくに応じていた。

ファンとの歓談タイムも終了し、必勝祈願祭はフィナーレへ。最後に横山雄次監督から締めの言葉があった。

「今年も監督を務めさせていただく横山です。本日は寒いなか、これだけ多くの皆さんにお集まりいただきありがとうございます。今(ファンとの歓談タイムに)、本当に皆さんから熱い言葉をいただきました。改めまして、皆さんと一緒に勝ち取ったJ2だと思います。そして今季は3年ぶりのJ2になりますが、ここにいる選手たち、スタッフ、フロントスタッフ、そして皆さまと一緒になってしっかり戦いたいと思います。どうか皆さん、ホームのグリスタに来ていただいて、また一緒に戦ってください。よろしくお願いします」

挨拶が終わると、ファン・サポーターから選手たちを後押しする大きな拍手が沸き起こると、その流れのまま、恒例となった県民歌の大合唱に。選手たちが肩を組みサポーターとともに県民歌を歌いあげると、シーズンの幕開けとなる必勝祈願祭はほどなくして終了した。

 

栃木フットボールマガジンとは

栃木SCが公開している練習や公式試合について詳細な記事、選手たちの内側に迫る渾身コラムなどを”ほぼ毎日”お届けします。

 

●試合で何が起きていたのかわかる詳細な試合レビュー

●選手の考えや心の動きに焦点を当てた渾身コラム

●選手たちの毎日を切り取る大量掲載のフォトレポート

●ピッチから離れた選手たちの素の表情もお届け

 

各試合のレポートは図版などを用いて丁寧に解説

 

練習フォトレポートは毎週30枚以上掲載

黒﨑隼人選手。笑わされています(笑)

五十嵐選手になにかが起きた瞬間(笑)

更新する内容は?

●試合(監督・選手コメント、マッチレビュー、プレビュー)
●練習レポ(練習レポート、コメント、フォトレポートなど)
●ニュース(栃木SCのトップチームや栃木のサッカーのニュース)
●インタビュー(監督や選手、フロントスタッフなどのロングインタビュー)
●コラム(選手コラム、ノンフィクションなど)
●アカデミー(栃木SCのユースやジュニアユースなどのニュースやレポート)

 

■過去1週間の記事一覧

○7/5
○7/4
○7/3
○7/2
○7/1
○6/30

 

更新頻度は?

『栃木フットボールマガジン』は、ライター鈴木康浩が、栃木SCの今をデイリーにお伝えするWEBマガジンです。マッチレビュー、練習レポート、コラム、ロングインタビューなど盛りだくさんの内容をお届けします。更新頻度は週5回以上、ほぼ毎日更新しています。

栃木SCの現役選手のみならず、ときにはOBを探訪してかつてを懐かしんだり、栃木SCの周辺で活躍する人目線で栃木SCを語り合ったり、はたまた栃木SC以外の栃木のフットボールシーンや他競技をのぞき込んだりしながら、色々な感情がふつふつと沸き上がるようなWEBマガジンにしたいと思っていますので、ぜひご購読くださいませ。

 

書いている人は?

●鈴木康浩(すずき・やすひろ)
ライター・編集者。1978年、栃木県宇都宮市出身、法政大学卒業後、作家事務所で下積みしその後フリーに。栃木SCを軸に地方クラブの趨勢とそれにまつわる人々を追う。主な寄稿先に『フットボール批評』など。著書に日本サッカー屈指の守備マイスター松田浩氏との共著『サッカー守備戦術の教科書 超ゾーンディフェンス論』『詳しいことはわかりませんが、サッカーの守り方を教えてください』(いずれもカンゼン)がある。2015年12月に『栃木フットボールマガジン』をスタートし、栃木SCのグラウンドに通う日々を過ごしている。

 

■J論でのインタビュー
「この仕事は小さな仕事を決して疎かにせず、そこに自分のすべてを懸けてできるか。それ以上でもそれ以下でもありません」鈴木康浩【オレたちのライター道】

 

J2バスターズに出演中です

栃木フットボールマガジンチャンネルも展開中です

◎ご意見、ご要望はこちらまで
tochigi@targma.jp

 

ご購読方法

支払い方法ごとの詳細

各お支払い方法ごとに、詳しいお申し込み方法と閲覧期間の説明ページをご用意しました。下記リンクから、お進みください。

タグマ!とは

スポーツ、カルチャー、エンタメ。好きなジャンルをとことん読めるWEBマガジン

Push7リアルタイム更新通知に対応!記事更新をお手元の端末へダイレクト通知。気になる話題がいち早く!

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ