『俺のやることが山雅の伝統になってくれたら嬉しい』田中隼磨がJ1残留に向けて示す覚悟とは(J論)

「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

宇都宮市バンバ市民広場で2019ファン感謝会を開催。【無料掲載】【フォトレポート】(19.9.24)

(文・写真 平井久美子)

 

9月23日、「2019ファン感謝会」が宇都宮市の宇都宮市バンバ市民広場で行われた。中4日でリーグ戦が組まれているため、例年行われていたサイン・写真撮影会は行わず、ステージイベントを実施。選手たちのチームワークの良さや絵心が伝わる感謝会になった。 

感謝会は橋本大輔社長と田坂和昭監督の挨拶でスタート。

田坂監督は「残り9試合、一戦必勝、トーナメントのような思いで全力を尽くす。熱い気持ちを持った選手と日々トレーニングをして毎試合勝ち点3をとれるように頑張りたい」と話すと、一呼吸おいてから「(今日は)ファン感謝会ということで、ピッチ上で見られない選手の顔がみられるかもしれませんね」と集まった約300人のファン・サポーターを和ませるように話した。

ちなみに鹿児島戦翌日とあって、田坂監督の声は枯れた状態。前日の激闘を物語っていた。

 

赤い果物は?というお題にこの答え

息ぴったりの回答

無人島に持っていくものは? 優しくアドバイスする二人

しばらくアドバイス

その回答がこちら!

アイマスクがお似合いです

藤原選手、寺田選手はキッズの回答に合わせにいく

藤原選手の好きなお菓子は辛い系のガム。クロレッツが好きだそう

荒井選手はバーナーというガチな回答

答えは違ったものの見事な画力

盛り上げ隊長はゲームでも盛り上げる

廣瀬選手はここでも活躍

笑顔で見つめる

栃木といえば? というお題に回答

見事な画力を発揮!

シュールな姿

マジマジと見つめる

この笑顔

じっくり

その後描いた絵は

こちら

ラスト二人は待機。アイマスクが似合う

アイマスクを外しみると・・・

?!

全員答えオープン。思わず立ち上がる枝村選手

お題はゴリラでした

 

最後は、藤原広太朗キャプテンの挨拶。

「シーズンが終わった後に、栃木SCに関わるすべての方々が笑って終われるように、選手、スタッフ、フロントスタッフは結果を出します。最後まで熱い応援をお願いします」と締めくくった。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック