浦レポ by 浦和フットボール通信

無料記事:本人も「まさかの」センターバックにコンバート!森脇良太が新たな挑戦に挑む

(Report by 河合貴子)

32歳にして新境地なるか

「32歳にしてコンバート!まさかのね」と照れ笑いしたのは、森脇良太選手であった。

キャンプに入る前から、センターバックを任されていたのだ。もちろん、キャンプ初日の磐田戦でもセンターバックであった。

「自分のポジションの幅を広げるというか・・・。今までに見たことのない景色が、自分にとって良い刺激になっている。さらに、自分がレベルアップするために右サイドバック、右のストッパー、右ウイングに戻った時に、この経験が生きてくる」とポジティブに考えていた。

そして「でも、このまま戻らずにセンターバックであと1~2年ぐらい。センターバックで活躍するかもしれない。しっかりとプレーの幅を広げていきたい」と話した。

森脇選手にとってみれば、センターバックは馴染みのないポジションである。それでも、右サイドバックの平川忠亮選手がボール保持者にプレスをかけにいくと、素早くサイドへとスライドしてスペースを消す。逆サイドの場合もゴール前へとスライドして、中を閉める。さらに、ボランチとDFの間に出たボールに対しても、縦にプレスをしつこくかける森脇選手がいた。そして、DFラインを統率するように「苦しいけど上げよう」とか、「柴戸!そこしっかり!」とボランチの柴戸海選手へと声をかける。

「やっぱり、センターバックに入ると真ん中を空けたくないし、ラインの上げ下げ、リーダーをとっていかないといけない。味方に、声をかけることを一番意識している。ただ、センターバックをやってまだ間もない。ケガから復帰してからだからね。

合宿に入る1週間前の練習ぐらいから。自分でもチームを助ける動きというよりも、どうやってセンターバックのやり方を吸収していこうか・・・。考えながらやっている段階なので、手が回らない状況だ。それでも、リーダーシップをとっていきたい。

平さん(平川選手)を絞らすのか、ある程度幅を取らせるのか、あとセンターバック2人の距離感、ボランチとの間はどうなのか、注意深くプレーしている」と試行錯誤しながらであったが、リーダーシップをとってDFラインをコントロールしていく思いがあった。

しかし「難しいんだよね~」と厳しい表情をして「平さんがプレスに行った時に、どこまでカバーにいくのか、相手が下りたところ(退き気味になった)に対して、どこまで付いていくのか・・・。センターバックをずっとやってきて、ある程度の要領が分かっている選手だと、このぐらいで大丈夫っていうのがあると思う。でも、今の自分にはそこまでない」とセンターバックの要領をつかむまでには、まだ時間が必要であった。

センターバックを試行錯誤している森脇選手だが、ストッパーの時に見せる正確なビルドアップの武器をセンターバックでも生かすことができるだろう。

そして森脇選手の良いところは、プレスを掛けろと言われたら、とことん相手が嫌がるぐらいしつこくいくところである。さらに、自分のプレースタイルに固執しないで素直に監督の要求に応えようと努力できるところだ。プレーの幅を広げる絶好のチャンスと、ポジティブに考えられるところも森脇選手ならではだ。32歳にして、真逆のコンバート!森脇選手の新たな挑戦があった。

浦レポでは、静岡キャンプを徹底レポート中!

浦レポ by 浦和フットボール通信とは?

選手フォーカスしたコンテンツが満載

『浦レポ by 浦和フットボール通信』は、浦和レッズの日々をレポートするウェブマガジンです。浦和レッズのトップチーム、レディースチームの試合レポートから、大原練習場での選手たちの日々、素顔をレポートしていきます。

特徴は、選手にフォーカスを充てたコンテンツです。轡田哲朗氏による、選手にフォーカスを充てた試合レポートから、河合貴子氏による練習場のレポートでは、写真による練習場レポート、選手コラム、選手こぼれ話と、選手たちの同行から、素顔までを徹底レポートしていきます。試合レポート(アウェイ戦でレポートしない場合もあり)、練習レポート(週2回)で、毎週10本~15本のコンテンツを楽しむことができます。

●「選手にフォーカスした試合レポート」轡田哲朗レッズレビュー
●「試合のポイントを解説」河合貴子 試合のポイント
●「写真で練習場の様子をレポート」大原練習場写真レポート
●「レポートでは紹介し切れなかった選手たちの表情」大原練習場写真ギャラリー
●「その日にピックアップした選手について」選手ミニコラム
●「練習場であった、ちょっとした話」選手こぼれ話
●インタビュー(不定期)

PC、スマートフォンでいつでもどこでも楽しむことが可能です。

人気の記事

これまでアクセスの高かった人気のコンテンツは下記となります。

・宇賀神友弥が驚異的な回復をみせて札幌戦に照準を合わせる「売られたケンカはかいますよ!」

・ついに来日!ウェイリントン・フィジカルコーチ【こぼれ話】

・柏木陽介、集中しすぎてうっかり?練習試合直前にベンチに走る【こぼれ話】

・配置の優位性と4バック殺しの前半 後半の清水はなぜ浦和の嫌がることをしなかったのか【轡田哲朗ゲームレビュー/明治安田生命Jリーグ第7節清水戦】

・山田直輝はオリヴェイラ監督の「このチームを勝つ集団にする」の言葉に期待

Jリーグ開幕からレッズを追い続ける河合貴子氏と、新進気鋭のライター轡田哲朗氏が独自視点でレッズの『今』をレポートします。

河合貴子 Profile
1992年Jリーグ開幕から地元ケーブルテレビの番組MCとして浦和レッズに密着取材をし続ける名物リポーター。姉御肌のキャラクターから、選手、サポーターから「タカねえ」の愛称で呼ばれている。

轡田哲朗 Profile
1981年10月30日生まれ、埼玉県出身。浦和生まれの浦和育ちでイタリア在住経験も。9つの国から11人を寄せ集め、公用語がないチームで臨んだ草サッカーのピッチで「サッカーに国境はない」と身をもって体験したことも。出版社勤務の後フリーに。

浦和フットボール通信とは
真に浦和と浦和のフットボールを愛する声を集めるサポーターマガジン(FANZINE)です。レッズライフがもっと楽しくなるコンテンツが満載です。

ご購読方法

支払い方法ごとの詳細

各お支払い方法ごとに、詳しいお申し込み方法と閲覧期間の説明ページをご用意しました。下記リンクから、お進みください。

タグマ!とは

スポーツ、カルチャー、エンタメ。好きなジャンルをとことん読めるWEBマガジン

Push7リアルタイム更新通知に対応!記事更新をお手元の端末へダイレクト通知。気になる話題がいち早く!

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ